2016年03月17日 配信

3/17(木)芝山100円商店街

第10回目は米の出張販売やユニークブースも 

160317_1.jpg  
   

 芝山団地商店会(船橋市芝山2)で3月26日、恒例となっている「100円商店街」が開催される。

 「100円商店街」とは、商店会の各店舗がそれぞれ工夫をこらした商品を100円で販売する地域活性化を目的としたイベント。発祥は山形県で、千葉県内では2012年5月に芝山商店会が初めて実施。以来、毎回多くの来場者でにぎわっている。 

 10回目の開催は、第1回・第2回に参加した米のコイシ(船橋市市場1-8-1)の出張販売「1合マス大盛り」が登場。「以前は芝山プラザ内に店があり2回目まで参加してくれたのですが、その後移転されたので、今回は10回目ということでお声がけしました」と、同商店会の高村清太郎会長。

 

 ほか、ネイルアート(1回100円)などをはじめ、飲食物、古本市、フリーマーケット、雑貨、ゲームなど多種多様なブースが登場する。商店会内の全14店舗と外部からの参加とあわせて約30ブースが参加。

 

 なかには、「料理の得意な水球マンが作る『投げたくなっちゃう?焼き団子』」「子どもの頃の欲望をかなえるチャンス!『木魚・大リン叩き放題』」「日頃のうっぷんを晴らすんだ!『アイツにパイ投げ空き缶積みゲーム』」などユニークなものも。高村さんは、「興味を持ってもらえるよう、クスっと笑えるような文章やタイトルを考えました」と、笑う。

 

 また、極真会館北習志野道場による「極真空手公開稽古」、みのりキッズによる「キッズダンスショー」などのステージも用意。毎回盛り上がりをみせる「大ビンゴ大会」は、10回目開催を記念し、特賞を例年より多く準備しているという。当日は千葉県のご当地キャラクターチーバくんや目利き番頭船えもんも参加する予定。

 

 時間は10時~16時。雨天決行。入場無料。

160317_2.jpg 160317_3.jpg
160317_4.png 160317_5.png

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ