2016年03月12日 配信

3/12(土)ライオンズクラブが凧あげ大会を計画

ふなばしアンデルセン公園で3月26日開催へ

IMG_4300takoagetaikai.jpg  
   

船橋北部を中心に鎌ケ谷、白井などで活躍する5R1Zの8つのライオンズクラブが合同でふなばしアンデルセン公園(船橋市金堀町525)を会場に3月26日、凧あげ大会を計画している。

凧あげ大会は、同クラブが毎年恒例にしている事業で今年で6回目。空き地が減り広い場所がない現代の子ども達に思いっきり凧あげさせてあげたいという思いで始まった企画。対象としているのは小学校1年~6年生までの児童。

当日の会場では、けん玉や竹とんぼ、コマまわし、獅子舞い、紙芝居などの昔遊びも行われる予定だ。予約は不要で参加無料。雨天の場合は中止になる。

これまでは、海上自衛隊下総航空基地で開催してきた同企画。過去の来場者数は最大で2400人だった。今年からアンデルセン公園花の城ゾーンでの開催となるため、下総基地よりも多少会場が手狭になる。

「たくさんの子どもたちに、思いきり凧あげを体験させてあげたい。アンデルセン公園ではアンパンマンショーもやるようなので楽しみにしてください」と大会ホストクラブの会長宮澤正則さん。

開催時間は10時半~14時。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ