2015年12月09日 配信

12/9(水)船中ブロックで「第15回 子育てネットワーク」

八栄小学校器楽部の演奏も

kosodate04.jpg  
   

 船橋中学校(船橋市夏見2-11-1)で12月5日、「第15回子育てネットワーク講演会」が開催され、松戸徹市長を講師に迎え講演会が行われた。

 主催は青少年の環境を良くする市民の会・船中ブロック。青少年の環境を良くする市民の会は、青少年健全育成のためよりよい環境づくりを進めることを目的として活動しており、今回の講演会はその活動の一環として開催された。

 最初に全国大会に出場した八栄小学校器楽部の演奏から始まり、華やかな衣装を身に着けた児童たちのダンスと演奏が繰り広げられ、参加者から大きな拍手がおくられた。

 船橋中学校の魚地校長は「船中ブロックは船橋駅に近いこともあり、日々変化する地域ですが、地域の方がいつも暖かいまなざしを向けてくださり感謝しています。今後も市民の会の活動がさらに続いていってほしい」と挨拶をした。

 松戸市長は「人と人をつなぐまちづくり ~家庭・地域・学校の絆~」をテーマとして講演。スライドを使って船橋市の位置づけや最近の動向などについて説明し、参加者は熱心に耳を傾けていた。

 「お祭りやミュージックストリートなどは、活動を通じて地域の人がつながっていく場であり、こういった地域の中でネットワークを広げていくことはとても大切」と話し、また「未来を築いていくためには、未来を担う子どもたちを育むことが大事。子どもたちのために今の時代を一生懸命走って、たすきをつなげていきたい」とも。

kosodate01.jpg kosodate02.jpg
下藤義晴船中ブロック会長 魚地道雄船橋中学校校長
kosodate05.jpg kosodate06.jpg
八栄小学校器楽部の演奏  
kosodate07.jpg  
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ