2015年06月03日 配信

6/3(水)元客室乗務員のオーナーがカフェ「MEZZO FORTE」

かつて社会貢献できなかった地域への恩返し

150603MEZZO01.jpg  
   

JR下総中山駅から徒歩1分の場所に「MEZZO FORTE(メゾ・フォルテ)」(船橋市本中山2-23-12-2、TEL 090-3064-0095)が5月11日、オープンした。

オーナーの福山真由美さんは元日本航空の客室乗務員で、3月末に退職したばかり。船橋市本中山の出身で、小栗原小学校、葛飾中学校出身という生粋の「ふなっこ」だ。

今は大学生の娘と高校生の息子がいるが、かつて子どもの学校のPTA活動などに仕事が忙しくて関われなかったことが、ずっと気にかかっていた。「会合できるカフェが下総中山にはないとの声を耳にしていたので、店を打ち合わせなどのスペースとして楽しく活用してもらうことで、少しでも恩返しができるのではないか」と考え同店を開いた。

もともと食への興味は強かったという福山さん。前職では仕事で世界各国へ出かけるたびに新しい料理に出会い、刺激を受けたという。そして仕事をしながらソムリエ、調理士、ナチュラルフードコーディネーターの資格を取得した。

店舗のあるビルは自宅との兼用で、上階と地下が居住スペースとなっている。
店舗面積は14坪。席数は2人掛けテーブル席5卓とカウンター席を合わせて19席。

現在ランチメニューは「ナチュラルフードで心も体もヘルシーに!」をテーマに、「Aランチ(そば粉100%ガレット+本日の前菜+プチデザート)」(850円)、「Bランチ(Aランチ+本日のトッピング)」(950円)、「Cランチ(玄米ワッフル サラダ付き)」(680円)を用意する。

バターや塩は、客室乗務員として働いていたころにフランスで見つけたものを使っているというこだわりも。

昼は女性がくつろげるカフェ形態で営業。家族そろって「千葉ロッテマリーンズ」のファンであることから、夜はアメリカンスタイルのスポーツカフェという営業スタイルをとっている。

店内には大型スクリーンがセットされ、夜はスクリーンに野球試合の映像が流れる。しかし音声は流さず、ボサノバなどの音楽がBGMに。

店名の「MEZZO FORTE(メゾ・フォルテ)」は「実は家族全員のイニシャルが『MF』なんです。そのイニシャルから考えて、みんな音楽も好きだったので、イニシャルにぴったりの「MEZZO FORTE(メゾ・フォルテ)」に決めたんですよ」と福山さん。

150603MEZZO02.jpg 150603MEZZO03.jpg
150603lunch01.jpg 150603lunch02.jpg
150603MEZZO04.jpg 150603MEZZO05.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ