2014年12月25日 配信

12/25(木)市内近郊のイルミネーションスポット

年々豪華になるイルミネーション

chibakoudai.jpg  
   

 船橋市内及び近郊のイルミネーションスポットでは12月25日のクリスマスを迎えても点灯を継続している場所がほとんど、中山競馬場などの定番から千葉工業大学などの比較的新しい場所まで代表的なイルミネーションスポットのスケジュールを紹介する。


 船橋市内で最も定番のイルミネーションスポットとして知られているのは、中山競馬場(船橋市古作1-1-1)だろう。20メートル近いヒマラヤ杉に、各種の装飾を施したイルミネーションは毎年多くのカップルや家族連れの目を楽しませている。今年の点灯は、有馬記念の開催(12月28日)に合わせて、12月25日(木)と26日(金)は17時~21時。27日(土)、28日(日)は16時30分~21時まで行われる。28日が最終日。


 また、近年は各商店会でもイルミネーションの装飾を熱心に行っている。船橋駅南口の交番横(船橋市本町7)には7商店会、6企業で構成されているアイラブふなばし実行委員会が、船橋駅の利用客を楽しませるイルミネーション(1月31日まで)を点灯させ、点灯式にはアーティストを招いたミニライブも実施した。


 津田沼駅前では船橋前原商店会(船橋市前原西2)が、津田沼一丁目商店会と津田沼南口商店会(ともに習志野市)と共同でイルミネーションの点灯式を実施。それぞれ、駅北口のペデストリアンデッキ(1月31日まで)や、津田沼一丁目広場(1月31日まで)、津田沼公園周辺(2月15日まで)などでイルミネーションを点灯させている。


 西船橋駅前では西船橋商店会青年部(船橋市西船4)主導によるイルミネーションが12月25日まで点灯している。11月10日に行われた点灯式にはゴスペルサークルが登場し、会場を盛り上げた。


 商業施設では、ららぽーとTOKYO-BAYでは館内外に約3万個のイルミネーションを点灯。メーンのハーバー通りには、もはや船橋の風物詩となっているアーチ形の電飾を施したイルミネーションを点灯させている。


 最後に、近年イルミネーションに力を入れているのは千葉工業大学の津田沼キャンパス(習志野市津田沼2-17-1)。シンボルの巨大ツリーの装飾も見事だが、駅前のライトアップに合わせてキャンパスを囲む生垣をシャンパンゴールドの装飾で彩っている。2月15日まで。


 このほか、イルミネーションで自宅を装飾する欧米の文化に馴染みのある一般家庭が増えてきたことから、ショッピングモールや商店街も顔負けの豪華なイルミネーションを施している例も市内各所で見られるので、夜間ドライブ中に様々なイルミネーション発見するなどして楽しむ事が出来る。

141225besutoriandekki.jpg 141225besutoriandekki02.jpg
↑津田沼駅北口ペデストリアンデッキ ↑津田沼駅北口ベストリアンデッキ

141225funabasiekimae.jpg 141225nakayamakeibajyou.jpg
↑船橋駅前 ↑中山競馬場
141225nisifunabasiekimae.jpg 141225rarapoto.jpg
↑西船橋駅前 ↑ららぽーとTOKYOBAY
141225tudanuma1choumekouen.jpg 141225tudanuma1choumekouen1.jpg
↑津田沼1丁目公園 ↑津田沼1丁目公園
141225tudanumakouen.JPG  
↑津田沼公園  

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ