2014年11月27日 配信

11/27(木)船橋クロスウェーブ「がん患者のマネジメント研修会」

症状の理解と負担の軽減を学ぶ

IMG_3159.JPG  
   

 クロスウェーブ船橋(船橋市本町 2-9-3 TEL047-436-0111)で1114日、「がん症状のマネジメントのエッセンス」研究会が行われ、医師・ケアマネジャーを中心に80人以上が参加した。

 

主催は船橋南部在宅療養研究会。同会は7年前に板倉訪問クリニックの医師・永谷計さんが在宅医療の地域連携を図るために始めた勉強会で、毎月1回程度行っており、今回が51回目。

 

 「在宅に関わる多職種の人が熱心に研究会に参加され、他職種同士の連携が強化されてきた。これからも、今まで以上に他職種と連携を図ることが今後の高齢者の在宅サービスには必要です」と同会長の高木恒雄さん。

 

 今回の講座で講師を務めたのは千葉県がんセンター緩和医療科の医師坂下美彦さん。「今までは末期ガンの患者は病院で最後を迎えることが多かったが、これからは自宅で最後を迎える患者の数が増えてくる」と坂下さん。それに伴い、近年、末期ガンを専門に訪問診療を行う医師も増えてきたという。

 

 研修では、がん治療に関するテーマを3つにしぼり「がん患者の痛みのマネジメント」「その他の症状」「緩和ケアとQOL(生活の質)」ついて紹介した。

 

 今年4月から同会の代表を勤める板倉病院訪問診療科医師久野さんは「南部地域の人だけでなく、船橋市の医療福祉関係者、そして一般の人にも参加して、地域全体で連携の体制を作りたい」と語った。

 

また、「開催回数を重ねる度に、患者さんの満足度向上に役立てることができ、やりがいを感じます」と、事務局の増谷さん。

 

IMG_3157.JPG IMG_3162.JPG
   

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
災害時には「お薬手帳」が命を守る、薬の正しい知識についての講... 9/26(土)災害時には「お薬手帳」が命を守る 薬に関する市民公開講座と無料相談会          船橋市勤労市民センター(船橋市本町4-19-6)で9月12日、「知っておきたい 正しい薬の知識」について市民公開講座と無料相談会が開催さ...
勤労市民センターで「骨折の予防と最新治療」シンポジウム、骨折... 9/7(月)船橋市で「骨折の予防と最新治療」シンポジウム 骨折があらゆる病気の原因に       船橋市勤労市民センター(船橋市本町4-19-6)で9月5日、「第27回市民とともに考える救急医療シンポジウム」が開催され、約300人が参加した。 ...
クロス・ウェーブ船橋で慢性腎臓病についての地域医療セミナー、... 8/1(土) クロス・ウェーブ船橋で慢性腎臓病についての地域医療セミナー 生活習慣病の改善が重症化を防ぐ        クロス・ウェーブ船橋(船橋市本町2-3-9)で地域医療セミナー「慢性腎臓病にならないために」の講演が7月18日に開催され、50...
神経難病患者を支援する会が発足-住み慣れた地域での療養を目指... 3/26(木)船橋で神経難病患者を支援する会が発足住み慣れた地域での療養を目指して        2014年5月、難病患者に対する医療等に関する法律(以下難病法)が成立し、2015年1月1日から施行された。  それに伴い、医療費助成を受けることがで...
船橋グランドホテルで認知症と詐欺についての講演-改正道路交通... 3/10(火)船橋グランドホテルで認知症と詐欺についての講演 認知症患者のトラブル回避について学ぶ         船橋グランドホテル(船橋市本町7-11-1)で2月25日、認知症患者のトラブル回避について医師を中心とした認知症...
勤労市民センターで海洋冒険家・白石康次郎の講演「七つの海を越... 1/22(木)勤労市民センターで白石康次郎が講演「七つの海を越えて」 数々の経験を冒険とともに語る          船橋法人会が市民を対象に開催している税の普及イベント「ふれあい広場」を2月7日、船橋市勤労市民センター(船橋市本町4-20...
勤労市民センターで歯科医師の講演「お口の健康を守る為に」... 3/16(土)勤労市民センターで歯科医師の講演「お口の健康を守る為に」 虫歯や歯周病の原因とそのメカニズムを語る           公益社団法人の船橋地域福祉・介護・医療推進機構が地域住民に向けた公益活動の一環として3月15日、...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ