2014年07月31日 配信

7/31(金)中山競馬場駐車場で「法典西連合町会夏祭り」開催

自慢の和太鼓演奏も

yae0727_7.JPG
   

 中山競馬場藤原駐車場(船橋市藤原1-4-12)で7月26日と27日の二日間、「第32回法典西連合町会夏祭り」が行われた。

 北富士商店会が協賛、JRA中山競馬場が後援となり近隣地区の自治会や町会、地域のマンションなどの協力のもと開催されている同まつり。、この地区での唯一のまつりの為、年に1度のこの日を楽しみにしている近隣住民も多いという。
 

 自治会、団体等がそれぞれ出店している模擬店の数は15店。生ビールや焼き鳥、くじ引きやかき氷などの模擬店が並び、来場者のピークとなった19時頃には、各店に長蛇の列ができた。

 「毎年この夏祭りがとても楽しみ。この夏祭りに参加すると夏が来た!とわくわくします」と友達同士で遊びに来ていていた小学生の女子。
 

 地域の和太鼓チームが演奏しながら踊る盆踊りは同祭りの名物となっている。37人の小学生和太鼓チームは数か月前から週に1度の練習を重ね「春夏秋冬船橋音頭」「法典音頭」「炭坑節」「大東京音頭」「東京スカイツリー音頭」の5曲を勇ましく演奏、多くの拍手を浴びた。

 「元気に盆踊りをして、楽しく地域の方とのふれあいを楽しんでいただけるよう毎年続いている夏祭りです。練習を重ねた和太鼓の演奏も是非目で見て、聞いて楽しんでいただきたい」と法典西連合町会広報の小今井さん。

yae0727_6.JPG yae0727_2.JPG
yae0727_4.JPG yae0727_3.JPG
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ