2014年07月24日 配信

7/24(木) 東武百貨店で第2回「大阪物産展」開催

48店舗中13店舗が初出店

tobu1.jpg

 

 
   

東武百貨店船橋店(船橋市本町7-1-1、TEL047-423-8836)の6階イベントプラザで7月24日から29日の6日間、第2回「大阪物産展」が開催されている。

出店は48店舗(食品41店舗・工芸品7店舗)、うち13店舗が新規参加だ。たこ焼きやお好み焼きなどの「粉もの」から、下町ファーストフード「串もの」、ダシ文化が築いた「麺類」などの「大阪のうまいもん」が一挙に集結する。さらに工芸品を扱う7店舗も参加。

主な出店は、大阪を代表する豚まんで有名な「551 蓬莱」、シナモンロールや石焼きいもパンなどヨーロッパの歴史ある製法を受け継ぐ「玉出 木村家」、元祖たこ焼きを代表商品とする「大阪玉出 会津屋」などメディアでも馴染みの店や、ダシ文化が築く「今井」のうどんや「自由軒」のカレーも会場で味わえ、パティスリーモンシェールの「堂島ソフトクリーム」、カタシモワイナリーの「たこシャン」など13店舗が初出店だ。

工芸品としては、16世紀の天正年間から作られている「境の刃物」、耐久性と美しい質感に定評のある「大阪銅器」、レース製品、手作り鞄、靴、念珠、唐木家具の7店舗が出店する。
 
7月28日は語呂合わせから「浪花の日」として、約20店舗で当日限定のダービス・特典などを盛りだくさん用意している。
 
営業時間は、10時から19時。

tobu0.jpg tobu2.jpg
tobu3.jpg tobu4.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ