2013年11月26日 配信

11/26(火)ららぽーとにベネッセプロデュースのゾーン

「たまひよBABY ROOM」と「サンプル自動販売機」で子育て向けにPR

IMG_3997nisikan.jpg  IMG_3999nishikan.jpg 
   

 ららぽーとTOKYO-BAY西館のリニューアルオープンに合わせて同館内にベネッセグループのプロデュースしたゾーンが誕生、子育てファミリー向けに特化した作りが話題になっている。

 ベネッセグループがプロデュースしたのは、西館2階のベビールーム。同社の発行する「たまごクラブ」「ひよこクラブ」モニター調査から集めた情報をもとにプロデュースした。

 モニター調査から、ベビールームに求められているのは「清潔さ」「広さ」「設備の充実」でおむつ替え、授乳スペースとしての実用性が求められていることが分かったという。

 また、別の調査から子育てに積極的に参加する「パパ」の存在も、大きな要素であることが分かり「おむつ替えはパパ」「ミルクはパパがあげることも多い」など女性専用の授乳室に加え、男性がミルクをあげられるようソファースペースも充実させた。

 おむつ替えシート11台、ドアが付いた個室タイプの授乳室1室、パパの待ちスペースとしてのソファーなど細かい部分に趣向をこらし利用者の満足を狙う。

 さらに、「世界でも初の試みではないでしょうか」と、ベネッセ広報担当者は胸を張る。新商品を無料でお試し入手できる「サンプル自動販売機」も同ゾーンに設置されている。

 サンプル商品は、子育て関連の各メーカーからベネッセグループが調達する。アカチャンホンポ、ベビーザらス、トイザらスの3店いずれかで3000円以上購入すると手に入るコインを使用して来場者はサンプルを手に入れる。オープンからしばらくの期間は1日400人限定。サンプル商品の補充は1日3回行われる。

IMG_4001nishikan.jpg IMG_4003nishikan.jpg
   
IMG_4012nishikan.jpg IMG_4014nishikan.jpg
   
   
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ