2013年08月26日 配信

8/26(月)青年会議所の「船橋たからまん」募集に応募1件

優勝するとまいふな紙面でレシピを紹介

dscn1756-takaraman kiji.jpg  
   

 船橋青年会議所の事業「船橋たからまん」プロジェクトで地域の産品を使用した中華まんレシピの募集を8月初旬から開始しているが8月19日現在、応募はまだ1件だけだという。

 同事業は、地域の活性化を目的として船橋産品を使用した名産品を作ろうというプロジェクト。青年会議所メンバーの中から実行委員会を組織し5月ごろから何度となく会議を重ね立ち上げた。

 応募の締め切りは9月17日。メンバーの友人や家族、知人を通じて告知を広めてきたほか記者会見を開催し、新聞記事での告知などを活用するなどさまざまな方法で告知をしてきたが効果は見えないという。

 責任者の神長久さんは「締め切りまでまだ期限があるから大丈夫だと思いますが、このまま応募が来なかったら・・・と思うと心配です」と表情をくもらせる。現在きている一件の応募も先週到着したばかり。

 募集要項は、あさり・のり・小松菜・ニンジン・ホンビノス貝・キャベツ・梨・スズキ・枝豆・そら豆の中から必ず1品以上を使用すること。

 応募は、氏名(団体の場合は団体名)、住所、電話番号などのほかに作品のテーマと名前、レシピ(分量・手順など)を記載したものを添えて事務局まで郵送、FAX(047-419-8128)または、メールのどれかで受け付けている。優勝者は、レシピの紹介記事としてまいふな紙面に掲載が約束されている。

 詳細は、船橋青年会議所の募集ページで確認できる。http://www.funabashijc.or.jp/takaraman/bosyuu.html

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ