2012年05月23日 配信

5/23(水)京葉銀行が市内小中学校に1,050万円分の図書を寄贈

海神独身寮のエコポイントを利用して

keiyouginkounokihu 028.jpg  
   

 京葉銀行(千葉市中央区富士見1-11-11)が、今年3月に完成した「海神独身寮」によって発生した住宅エコポイント1,050万円分を図書に換え22日付けで、船橋市内の小中学校に寄付をした。

 今回寄付された図書は、新船橋支店近隣の12校(海神小学校、西海神小学校、海神南小学校、葛飾小学校、八栄小学校、行田西小学校、行田東小学校、塚田小学校、船橋中学校、海神中学校、葛飾中学校、行田中学校)に対して図書整備率をもとに合計で約6,000冊が配布される予定。

 同行によると、独身寮に入居する行員35人が、新たに船橋市民になる事や現在開発中の「みらSATO」(北本町)プロジェクトによって大幅に子ども人口も増加する事が予想されるため今回発生した住宅エコポイントを利用して図書を寄付することを決めたという。

 

 「海神独身寮」は、同行「海神支店」(海神4-19-2)の跡地1,090.57平方メートルの敷地に建設されており鉄骨2階建て、35部屋の男子独身寮として利用されている。「オール電化対応」や「エコキュート設置」「高断熱」など環境に配慮した設計となっている。総工費は約4億5,000万円、1戸あたり30万円のエコポイントが付与されている。

 「海神支店」は、昭和52年11月~昨年3月まで営業を行ってきた同行の老舗店舗で、隣接する山手地区の発展に伴い昨年3月、新たに「新船橋支店」(船橋市山手1-3-7)が営業を開始したことでその役目を終えた。

 

 この日、同行頭取の小島信夫さんが寄付の目録を手渡すため、市庁舎を訪れ藤代市長と市の発展と開発事業について歓談した。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ