2019年06月22日 配信

体験会の様子

6/22(土)市船体育館でアメリカ男子体操チームが事前合宿

小学生向け体操体験会も

 市立船橋高校(船橋市市場4-5-1)第三体育館でアメリカ男子体操チームが6月17日から東京2020オリンピックに向けての事前合宿を行い21日~22日には練習の一般公開、最終日22日には体操体験会も行われた。

 アメリカ男子体操チームは、東京2020オリンピックの事前合宿として、昨年も同体育館で合宿を行っている。2度目となる今回は、選手8人と7人のスタッフが船橋に滞在し、来校した。滞在期間中は市役所訪問や船橋グランドホテルでの歓迎レセプション、船橋大神宮での参拝、市場小学校を訪れての給食体験も行った。

 市船での滞在中は全校生徒による歓迎会、茶道部による日本文化紹介や選手たちの茶道体験をはじめ、市内の小学校の児童が練習見学に訪れた。21日、22日には練習が一般公開され、事前に応募した市内在住、在勤、在学者が見学会に参加した。

 練習の一般公開では、来日していたアメリカ体操協会のトミタヨウイチさんが「1週間、素晴らしい練習をすることができた。それもすべて、市民のみなさんや市船の協力があってこそ。本当に感謝している。お礼を兼ねて、皆さんに演技会を開催します」とあいさつした。

 22日11時からの見学会では選手たちが1人1種目演技を披露。オリンピックで披露するために練習中だという技なども盛り込まれ、大技が披露されると、会場からは「おぉ」とどよめきがあがる場面もあった。

 22日の見学会後半には市内在住の小学生30人に向け、体操体験会を実施。参加者の小学生はアメリカ男子体操選手と一緒に、床、平行棒、あん馬などの5種目を体験し、同体験会には岩手県大船渡市の児童4人も参加した。

 これは、大船渡市が2017 年にアメリカを相手国とする「復興ありがとうホストタウン」の1つとして登録されていたことと、船橋市と大船渡市が、共にアメリカをホストタウンとしていることから、2市の新たな交流事業として実現したという。また、体験会では市船体操部の選手たちがアメリカの選手たちをサポートしていた。

 体験会を終えた児童たちは口々に「楽しかった」と感想を述べ、中には「Thank you」と英語で選手に話しかけている児童も見られた。

 会場であった市船に初めて入ったという市内在住の男性は「選手の演技もすごかったが、こんなに設備が整った体育館にびっくりした」と話した。

  • 来日していた選手とスタッフ

  • 体験会でのウォーミングアップ

  • 気さくにコミュニケーションを取るアメリカの選手

  • アメリカの選手が乗ったバスを見送る市船体操部の部員たち

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ