2019年05月29日 配信

牛ヒレのグリル

5/29(水)高根公団駅南口にワイン&グリルの店「NIKE」がオープン

気楽に楽しめるワイン喫茶

 ワイン&グリルの店「NIKE(ニケ)」(船橋市高根台7−15−9、TEL047−468−6158)が4月16日、新京成線高根公団駅南口近くにオープンした。

 店主の杉田大和さんは千葉市稲毛の出身。料理の専門学校を卒業後スペイン料理店で5年ほど修業、その後フランス料理店やカフェ等でも修業し、ワインについても勉強を始めた。

 結婚を機に船橋に移住。ファミリーレストラン勤務を経て、その後居酒屋で料理長として働いていたときに、ファミリーレストラン時代の上司に今回の物件を薦められたのだという。

 杉田さんは「元の店舗が喫茶店だったので形状も設備もそのまま使えることや、昔から漠然とお客さんと会話しながらほのぼのした店をやってみたかった」と、独立の経緯を話した。

 店舗面積は約13坪。4人掛けテーブル1卓、6人掛けテーブル2卓、カウンター4席がある。店名の由来は、ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」で、ロゴは発音記号の方が格好がいいからだという。

 メニューは「牛ヒレのグリル」(2,800円)、ソーセージ(1,280円)、カルパッチョ(900円)など。杉田さんは「肉も魚もその日の新鮮は素材をお出しします」と話す。

 オープン当初は夜だけの営業を考えていたが、ランチを希望する声が多かったので一週間後からランチタイムをスタートした。

 「調理や料理のスタイルから、サラリーマンの方のランチタイムには向かないので、ゆっくり時間が取れるときに来てほしい」と、杉田さんは和やかに話す。

 「ディナータイムについては、仕事帰りに一杯からどうぞ。ワインは料理や好みに合わせたワインをお客さまとお話ししながら出すというのがうちのスタイルです」とも。

 営業時間はランチ=12時〜LO14時。ディナー=17時〜LO22時。日曜定休。

  • 店舗外観

  • 店内の様子

  • ソーセージ

  • ワインとカルパッチョ

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ