2019年05月16日 配信

馬込斎場入口。左は既存道路

5/16(木)馬込霊園付近の渋滞解消に向け新道路建設中

来年3月の開通を目指して

 馬込斎場(船橋市馬込町1102-1)入口の信号付き三叉路から県道8号船橋安孫子線(通称「船取線」)の馬込霊園(船橋市馬込町1216)入口付近に延びる約700メートルの新しい道路「市道00-071号線」の工事が2014年から始まり、2020年3月に完成を目指していることがわかった。

 同エリアは、時間帯によって渋滞が目立つ船取線から。特に盆や彼岸の時期には、馬込霊園への墓参者で船取線・金杉十字路から馬込十字路にかけての渋滞が続き、国土交通省関東地方整備局が発表する千葉県の主要渋滞箇所としても名前が挙がる場所となっている。

 馬込斎場入口の信号がある市道は、船橋駅北口から木下街道(県道59号市川印西線)へと続くため、通行する車両も多い。同市道には、船橋駅北口~鎌ヶ谷大仏駅間で運行している路線バスも通っているほどだ。さらに木下街道とこの市道が交差する場所のすぐ近くには、船取線と交差する馬込十字路があり、この区間の道路の渋滞が木下街道の渋滞にも影響していると見られる。

 2014年から始まった同道路工事は段階的に部分開通し、最終的には片側2車線の対面4車線道路として来年の3月に開通を目指して建築中である。新しい道となる「市道00-071号線」は都市計画道路「3-3-7号線南本町馬込町線」のうちの一部となる。

 船橋市役所道路建設課の小昏誠一郎さんは「市道00-071号線は、用地買収から完成まで約20年かかっている。早く完成するよう鋭意努力しています」と話し、馬込町在住の40代の女性は「新しい道路は、歩道も広くて完成が楽しみ。船取線渋滞の緩和につながれば」と話している。

 

  • まっすぐに延びる新道路

  • 大念寺付近

  • 船取線との結合部分

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
馬込東部自治会で納涼盆踊り大会、世代を超えて住民団結の夏祭り... 7/27(月)馬込東部自治会で納涼盆踊り大会 世代を超えて住民が団結した夏祭り         馬込霊園(船橋市馬込町121)墓参者の休憩場所「ふれあい広場」で、7月25日、馬込東部自治会の納涼盆踊り大会が行われた。 ふれあい広場では、実...
馬込東武自治会で手作りの「山車」-盆踊りに合わせて育成会で制... 7/31(火)馬込東部自治会で手作りの「山車」 自治会のお父さんが手作りで作成   ↑今年完成した山車と一緒に自治会役員    馬込東部自治会では、馬込霊園(船橋市馬込町1216)を会場に行われる地域の盆踊り大会に合わせて自治会の育成会メンバーが手...
自治会が一致団結して納涼盆踊り大会/馬込東部自治会... 7/30(土)馬込東部自治会納涼盆踊り大会/馬込霊園 自治会役員約60名による納涼盆踊り大会      馬込東部自治会(奈良五十八会長)は、昭和39年に自治会発足当時から続く納涼盆踊り大会を馬込霊園墓参者休憩所 ふれあい広場を使用して行った。奈良会長が就任...
馬込霊園前にカフェかな?というスペース、映画きらきら眼鏡のP... 5/20(土)馬込霊園前にカフェスペースらしきもの 墓石の専門店が社屋解放しカフェスペースに    市内の中心部からほど近い場所にある大規模な霊園「船橋市馬込霊園」前に立ち並ぶ石材会社の一角に「休憩していきませんか?コーヒー1杯100円」の看板が5月18...
馬込東部自治会で納涼盆踊り大会-太鼓や模擬店で盛大に... 7/30(水)馬込東部自治会で納涼盆踊り大会 手作り神輿に、模擬店などでにぎわい      馬込東部自治会の納涼盆踊り大会が7月26日、馬込霊園墓参者休憩所横のふれあい公園(船橋市馬込町1216)で行われ、自治会内の多くの家族連れでにぎわいをみせた。 &n...
馬込東部自治会が自治会館竣工で上棟式-住民100人以上が参加... 11/19(火)馬込東部自治会自治会館上棟式で餅まき 木造平屋の自治会館で餅まき        馬込霊園近くの国道8号線(通称=船橋取手線)沿いに広がる馬込東部自治会が11月18日、自治会館(船橋市馬込町)竣工の祝いに餅まきを行った。    馬込...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ