2019年04月12日 配信

あいさつする玉元会長

4/12(金)船橋市病児・病後児保育連絡協議会設立総会

設立の主旨説明や研修企画などを説明

 船橋市病児・病後児保育連絡協議会設立総会が4月8日、船橋市保健福祉センター(船橋市北本町1-16-55)で開催された。

 会長はコミュニティクリニックみさき(船橋市三咲3-1-15)の玉元弘次さん。野田市の事件に触れ「子どもたちは信じられない状況に置かれている。子どもたちを守るために我々は何ができるのか。児童相談所を作ればいいわけではなく、関係団体が横の連携をして行政を支えていく必要がある。医師会をはじめみんなで協力していきたい」とあいさつがあった。

 来賓代表として松戸徹市長は「平成13年にスタートした病児・病後児保育。市も子どもたちが自分の街で可能性を失うことのないよう、育て上げる施策をしている。子育ては待機児童を解消すればいいわけではなく、幼児期の子どもたち、特に病気になった時などに関連団体がどういった連携をしていくのかが大きなテーマです」と話す。

 市議会議長鈴木和美さんは「女性が働きやすい環境づくりということでこれからも応援していきたいと思います」と話した。

 各事業所から代表あいさつとスタッフ紹介があった。事業所は、山本医院「新高根キッズハウス」(新高根4-7-7、TEL 047-469-4801)、トレポンテこどもクリニック「トレポンテ」(夏見町2-566、TEL 047-429-5403)、さくら保育園内「アイリスルーム」(二子町474、TEL 047-302-8303)、佐野医院の「オー・キッズ」(本町3-3-7、TEL080-3416-0122)、愛育レディスクリニック「アトム」(習志野5-10-30、TEL 080-2151-1103)、コミュニティクリニックみさき「病児保育室わかば」(三咲3-1-15、TEL 047-448-4008)。

 トレポンテの村社歩美代表からは、同協議会設立主旨の説明があった。共働きや一人親家庭の増加に伴い、保育の需要が拡大。子どもが病気の時に保育を行う病児病後児保育も同様で、船橋市内では需要に応じて施設数が増加、昨年度6施設になった。

 核家族化や高齢出産の増加などから、自身の子どもや孫との接し方がわからないのではないかと思うような場面に遭遇する機会が増えたという。「病児保育は就労支援だけでなく、さまざまな視点から問題を抱えている家族に寄り添っていくべき」と村社さん。市内6施設で情報を共有し合い、知識を高め合い、地域の子育て支援に貢献することを目的に、年数回の集まりや研修会を行っていくという。

  • 総会の様子

  • 松戸徹市長

  • 佐野医院「オー・キッズ」代表とスタッフ

  • さくら保育園内「アイリスルーム」代表とスタッフ

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
船橋総合病院で「パーキンソン病について」の医療講演会、医師や... 11/12(日)船橋総合病院で「パーキンソン病について」の医療講演会 医師や薬剤師との無料相談会も         船橋地域福祉・介護・医療推進機構の市民公開講座「パーキンソン病について」が11月11日、船橋総合病院(船橋市北本町1-13-1)の...
北本町に保健福祉センター移転、市内の保健福祉総合支援拠点とし... 9/23(水)北本町に保健福祉センター、10月1日から稼動開始へ 保健・医療・福祉の8施設を併設、市民生活をサポート         船橋市内の保健・福祉・医療の8施設を併設した保健福祉センター(船橋市北本町1-16-55)が現在の湊町か...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ