2019年04月08日 配信

汁あり担々麺

4/8(月)二和向台に担々麺専門店「しびから屋」

無添加の練りゴマを使った担々麵

 二和向台駅近く、「ドコモショップ」の隣に担々麺専門の「しびから屋」(船橋市二和東6−11−21 三宝ビル1階、TEL 080- 7269-8188)が2月27日にオープンした。

 東京都出身のオーナーは、料理好きだったこともあって18歳の頃からイタリアンやフレンチの店で本格的に修業をしていたが、自身のラーメン好きが高じて、都内の某有名ラーメン店に弟子入り。そこでラーメンを勉強し、今回、フレンチやイタリアンの経験も生かした担々麺の店をオープンした。

 店舗面積は約11坪。店内のBGMにはモダンなジャズが流れ、内装はシックな雰囲気。カウンター10席のほか、4人掛けテーブルが3卓あり、女性客や子連れママたちも入りやすく落ち着いた感じを意識している。

 店名の由来はシンプルで「しびれて、からい」からきている。「コンセプトは『低価格でもクオリティは高い』」とオーナーは話す。素材には特にこだわり、担々麺のスープに使うゴマは市販の芝麻醤(チーマージャン)を使わず、「身体に優しい物を」との思いから、無添加の練り胡麻を使用。上品なしびれを出すために、山椒は極上品の漢源花山椒を使用することで、「最高のしびれと旨い」を表現している。肉は国産の豚を指定。粗挽きで食感を大切にする。

 オーナーのおすすめは「汁なし担々麺」(830円)。「コシが強い太麺なので、よくかき混ぜて、食感を楽しみながら食べてもらいたい」とオーナー。「汁あり担々麺」(850円)については「汁ありには“つるもち”な食感の低下水の細麺を使用。最後に『追い飯』をサービスしていますのでスープをタップリかけて食べて欲しい」とオーナーと一緒に店を切り盛りする店長は話す。

「うちの『麻婆豆腐』もひと味違うあっさり系」とオーナー。担々麺の辛さはどれも調節してもらえるので、辛いのが苦手な人も来店できるほか、「お子さま担々麺」も用意する。

 各種アルコールも用意し、18時〜19時30分は「ハッピーアワータイム」も設けている。

「無添加のセサミンパワーで元気になって欲しい。ネット上での顔出しは恥ずかしいので、ぜひ実物の2人を見に来て下さい」とオーナーは笑顔を見せる。

 営業時間は平日11時30分〜14時30分、18時〜22時。日曜、祝日は11時30分〜14時30分、18時〜21時。年中無休。

  • 「顔出しはゴメンナサイ」。左が店長、右がオーナー

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ