2019年03月23日 配信

優勝カップを手にする鈴木俊介さん

3/23(土) 北習志野「ケーキとパンのお店 ソレイユ」がパン作りの大会で日本一に

パン職人としての総合的な腕を競う「ベーカリージャパンカップ」で

 北習志野の商店会「ビアーレきたなら」の一角にある「ケーキとパンのお店 ソレイユ」(船橋市習志野台2-73-14、TEL 047-440-8181)の代表・鈴木俊介さんが2月20日、21日に行われた「第4回ベーカリージャパンカップ」菓子パン・食事パン部門で優勝し、今月31日に優勝記念イベントを開催する。

 同店は2014年にオープンし、オープン当初から「パティシエが本気で作るパンとケーキ」を製造・販売してきた。2017年には「パングランプリ東京2017」のシュトレン部門で優勝した実績もある。

 オーナーであり同店シェフの鈴木俊介さんは「『ケーキ屋さんが作るパン』がおいしいんだということを証明したかった」と今回の大会参加への動機を話す。

 「ベーカリージャパンカップ」とは、全日本パン協同組合が主催する「日本のパン職人」の技術による「日本のパン屋」の1番を決める、唯一の競技大会。

 使用する小麦粉は100%国産小麦粉を使用することが条件。2年に一度行われ、今年で第4回を迎える同大会は、エントリー後、書類審査および冷凍したパンを送付しての1次審査を経て、8人だけが決勝に勝ち進める。決勝会場は今年は幕張メッセ(千葉市美浜区)だったが、前回は大阪と、その年によって場所を変えて行われる。

 同大会は2部門に分かれ、食パン部門と菓子パン・食事パン部門の2つ。今回、鈴木さんが優勝したのは菓子パン・食事パン部門。前回大会にもエントリーしていた鈴木さんは「今年から競技内容がとても内容の濃いものになった」と話すその競技内容は、6時間のうちに「日本らしさを表現した菓子パン」を5種類、各8個以上製造し、さらに「健康栄養を考えた食事パン」を5種類、各8個以上製造するというもの。

 会場内に特設されたブースで、大会側が用意したオーブンを使用し、ブース内ではたった一人でパンを作り、時間内に清掃まで終えていないと、減点の対象にもなるという。

 「通常営業を続けるなか、お店を閉めた後の時間などを使って、通し練習を5回はした。しかし、練習では一度も時間内に終えることができなかった。こうした行程の組み立てなども含め、パン職人のスキルが問われる大会なんだと思う。最後の練習でも5分オーバーで、これは集中力で乗り切るしかないと思った」と鈴木さんは振り返る。さらに「あまりに練習してパンを食べ続けたので、5キロ以上太ってしまった」と笑う。

 鈴木さんは「日本らしさを表現した菓子パン」に「ベリーベリーロール『春』」「パッション抹茶『夏』」「まるごとマロン『秋』」「ショコラユズ『冬』」「大吟醸ボストック『枯山水』」を製造。「日本らしさを表現するのに、きっとほかの方は日本らしい食材を使ってくるだろうと思い、あえてそうではない食材を使って表現することを試みた」と鈴木さん。

 「健康栄養を考えた食事パン」には「スーパーフードブレッド アサイー・ブルーベリークリーム」「玄米食パン『椿』」「ムッシューfunabashi」「肉みそリコピントマト」を製造した。「ムッシューfunabashi」は、クロックムッシュにほうれん草やベーコンのほか、船橋が誇る人参をバラのように見立てて使用したという。「今後、大会で作った作品も、商品化できれば」と話し、「玄米食パン『椿』」はすでに店頭でも購入可能となっている。

 今回、審査員からの総評に「鈴木さんのパンは10種類全部が魅力的で、妥協が少なかった」とコメントがあったという。鈴木さんは当日の感想を、「実際に競技会場に出たのは私一人だったが、気持ち的には全然そんなつもりがなかった。酵母を含めたパンたち、スタッフのみんな、知人や家族と全員で挑んだ気持ちだった」と話す。

 「大会で優勝したという実感は、正直全然ないけれど、これからもたくさんの人に笑顔を届けられる店でありたい」とも。また「今回は千葉での開催だったので有利だった。次の大会は大阪だと思うので、そこで勝ってこそ本物だと思う。次の大会も出るつもり」と熱意を見せる。

 同店では同大会での優勝を記念して、3月31日限定で「ベーカリージャパンカップ優勝記念フェス」を開催する。「普段はできない他店とのコラボ商品や、手間をかけたもの」が並ぶ予定で、一例としては、東京・池尻大橋のフレンチレストラン「OGINO」の「パテドカンパーニュ」を挟んだサンドイッチ(限定10食ほど)、「あまおう」を挟んだフルーツサンド(限定20食ほど)などを予定する。同日は11時オープン。

 通常の営業時間は10時~19時。水曜、第2火曜定休。

  • 大会時の記念撮影の様子。下段中央が鈴木さん

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
ぐるり船橋街めぐり/北習志野エビス通り商店会... 全長800mにおよぶ並木道の商店会  バリエーション豊かな店が並ぶ  「北習志野エビス通り商店会」は、1966年に開業した新京成線北習志野駅の東口を出て高根台方面にのびる商店街。2009年に駅の東口駅前にペディストリアンデッキが設けられ、駅前から伸びる4つの商店街への徒歩での移動...
北習志野のソレイユが熊本産の栗を使った焼き菓子で復興支援、自... 6/18(土)北習志野の「ソレイユ」で熊本産の栗を使った焼き菓子販売 商店会での大きな支援活動終了後も地道に活動を        北習志野駅前から習志野台団地の前へと続く商店会「ビアーレきたなら」の一角にある「ケーキとパンの店 ソレイユ」(船橋市習...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ