2019年03月09日 配信

シャポー船橋の職業体験に参加した子どもたち

3/9(土)市内大型商業施設で「ふなばし未来商楽校」

子どもの夢を応援する職業体験を

 船橋大型店舗連絡協議会と船橋市、船橋商工会議所が、未来を担う子どもたちを応援するための職業体験イベント「ふなばし未来商楽校」を3月9日に開催した。

 事前申込みには市内小学生291人から応募があり、抽選で選ばれた164人が、シャポー船橋、パルコ津田沼店、東武百貨店船橋店、ららぽーとTOKYO-BAY、イトーヨーカドー船橋店、イオンモール船橋、イオン船橋店の大型商業施設6カ所を会場に職業体験を行った。シャポー船橋店(船橋市本町7-1-1)に参加したのは13人の子どもたちとその家族。

 応募したきっかけを、子どもたちは「図書館にあった公募を見て、やってみたいと思った」「魚が好きでいつも買い物をしている鮮魚店があった」「昨年も参加して、とても楽しめたのでまた応募した」と話す。また、保護者は「仕事の大変さと楽しさを感じてほしい」「裏方を見て、食べ物の大切さを知ってほしい」「この体験を機に度胸がつけば」「疑似体験ではなく、実体験なのでいい社会科見学になるのでは」とも。

 子どもたちは各店舗のスタッフと一緒に販売の手伝い、接客の仕方、レジ打ちの仕方、惣菜のパック詰めを実際に行った。また、料理を運んだり、大きな声で「いらっしゃいませ、ありがとうございました」と声張り上げていた。館内放送で担当した店舗商品のPRにも挑戦し、体験後には修了証と記念品が授与された。

 シャポー船橋店の大橋雅昭さんは「子どもたちがこのイベントに参加する事によって、ご家族で船橋市と当店に愛着をもってくれたらうれしい」と話す。

 市役所の担当・池添百合子さんは「昨年船橋市政80周年の企画で開催し、参加者や店舗から好評をいただき、今年も店舗からの協力が得られ2回目の開催になりました。子どもの夢や希望、地域への愛着につながればと思います」と話す。

 そのほかの同企画参加の大型商業施設内計59店舗でも、子どもたちが1日限りの職場体験に励んだ。

  • 本屋でレジ打ちに挑戦する若松小学校 4年生女子

  • 雑貨店でコーヒーの試飲のおすすめをする、 習志野台第一小学校 3年生女子

  • 青果店でいちごアピール、葛飾小学校 1年生女子

  • 精肉店で惣菜のパック詰め、船橋小学校 4年生男子

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
実際の店で仕事体験ができる「ふなばし未来商楽校」、市内在住の... 1/20(土)実際の店で仕事体験ができる「ふなばし未来商楽校」 市内在住の小学生対象に参加者募集中             ふなばし未来商楽校実行委員会が3月24日に開催する仕事体験イベント「ふなばし未来商楽校」への参加者の募集が1月...
2017年の初売り開催、ららぽーと・ビビット・イオンモールは... 1/1(日)2017年初売り、ららぽーと・ビビット・イオンモール船橋は元旦から 船橋東武・シャポー船橋は2日から営業開始        国内有数の商業施設密集地域とよばれる船橋、市内の商業施設の多くが元旦からの営業を開始、福...
市内大型商業施設が続々と営業開始-「新春セール」に「福袋」で... 1/2(水)市内大型商業施設が続々と営業開始 「新春セール」に「福袋」でにぎわう   ↑多くの客が福袋の順番待ちをした「ららぽーと」    船橋市内の大型商業施設が元旦から続々と営業を開始、「新春セール」や「福袋」などで多くの来場者が列をなしにぎわ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ