2019年03月06日 配信

3/6(水)二和向台にバリアフリー対応美容院「昭和ロマンス」

店内には昭和レトロなコレクションも

 新京成線二和向台駅から徒歩5分ほどの場所に「ビューティーヘルパー 昭和ロマンス」(船橋市咲が丘3-27-4、TEL047-404-6679)がオープンしてから間もなく丸2年が経つ。

 同店のオープンは2017年5月。通りすがりに見える新しいのにレトロな雰囲気と、店頭に掲げられた「ビューティーヘルパー」「昭和ロマンス」という言葉に「何だろう?」と気になっている地域住民も多かった。

 同店のオーナーは船橋市出身の中村一也さん。元々は音楽プロデューサーや訪問美容をしていた中村さん。介護施設や病院へ出向いて訪問美容をしていた際、「利用者さんが退院してから美容院を利用したくても、車いすで行くには店が狭いとか、車椅子で利用できるトイレが無い店が多いという声を聞いて。だったら作っちゃえ!とオープンしました」と同店開業の経緯を話す。

 店の前には駐車スペースを確保。車から降りてそのまま段差なく店内へ入ることができる。店内スペースを広めに確保し、車いすでの来店にも気を使っている。トイレへも車いすでそのまま入れるよう十分な広さを確保、手すりも完備する。

 同店の名前については「年配者にもわかりやすく、尚且つ、ちょっとキュンとするような名前にしたくて」と中村さん。店の外や店内にはレトロなベンチが置かれ、中村さんの「お宝」だという昭和なコレクションも数多く展示している。来店した子どもなどに触られてしまっては困るものは、予め鍵をつけたり、触れないようにしているので「コレクションがあるが、お子様連れも安心してください」と話す。

 メニューはカラーとカットで4900円など。全てのメニューに眉カット、うぶ毛剃りが付く。同店には小さい子どもの利用も多く、子どもが同店を利用した場合にはくじ引きのサービスを用意。当たると大きな菓子を、ハズレの場合は駄菓子がプレゼントしているという。

 店内にはエステルームも併設。エステは足湯付き60分の施術で3000円で提供。布でハーブを包んだ「ハーブボール」を使った施術が特徴、ハーブはタイから取り寄せたものや、同店で育てたハーブも使用する。ハーブボールは同店のスタッフ・小林麻記さんが作成する。中村さんは「エステの利用は、下は19歳、上は80歳まで利用いただいています。体が疲れている人をはじめ、不妊に悩む人も利用されていて、数カ月通った結果、無事に赤ちゃんを授かれた人もいて、それは嬉しかったです」と話す。

 さらに広々とした店内を利用して、ヨガ教室を開催することもある。次回の開催は3月30日の13時から14時15分の開催で、参加費は1000円。中村さんは「地域の中で、集いの場所になれるような店にしたい」とキラキラした目で語る。

  • ゆったりとスペースが採られた店内

  • ハーブボールを持つスタッフの小林麻記さん

  • 子ども向けの駄菓子コーナー

  • 昭和なベンチが店内にも

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ