2019年02月12日 配信

2/12(火)船橋市場で地域活性化を目的にしたシャッターアートプロジェクト
幅広い世代が参加したワークショップで制作

 船橋市地方卸売市場内の案内所兼コミュニティスペースの市場カフェ(船橋市市場1-8-1、TEL047-409-1877)で地方活性化を目的としたシャッターアートプロジェクトが2月10日、ワークショップ形式で行われた。

 シャッターアートプロジェクトを企画したのは市場カフェマスターの山崎健太朗さん(42)と、フリーのデザイナー古原徹也さん(34)。「地方の商店会、各地の地方市場にはたくさんのシャッターがあるが、様々な事情からすぐにシャッターを開けて店を開店できない場合が多い。シャッターが降りている状況でも街の活性化につながる方法はないかと考えてたどり着いた」と、山崎さん。

 友人の紹介でフリーのデザイナーとして独立したばかりの古原さんを紹介された。シャッターアートでの地域活性化策を相談したところ「自分の経験と技術が地域の為に役立つのであれば、もの凄くやり甲斐がある仕事」と、二人は意気投合、すぐに計画を実行に移した。古原さんは、独立前に都内のBARやカフェで店内の壁画アートを手掛けた実績を多数持っている。

 ただのアート企画で終わらせないためにSNSでイベントをPR、興味を持った人が気軽に参加できるよう告知した。SNSのイベントページには15組の親子やデザイナーなどのクリエイターが参加の意思を示したが、前日からの大雪警報発令を受けてイベントとしてのワークショップはやむなく中止した。

 しかし、当日昼過ぎに作業開始の頃になると雪がおさまってきた為、作業の様子を逐一SNSで中継することにしたところ活動に興味を持った人が集まり、結果としてシャッターにそれぞれが気の向くままに絵を描くワークショプの形になった。

 アートに興味を持っている市内在住の中学生や大学生も参加。10代から50代まで幅広い年齢層がシャッターアートプロジェクトに駆け付けた。それぞれの参加者らが描いた、作風の異なる作品を古原さんが最終調整。歌舞伎役者のようなくま取り化粧の男性とロボット、魚を手に持ったかわいらしいクマなど個性あふれるキャラクターを「調和」というテーマでまとめ上げた。

 週末の休市日を利用して取り組んだアートプロジェクト、開市になった火曜日、開店前の市場カフェシャッターに市場で働く人や多くの来場者が足を止める様子が見られた。「今後は、船橋市場内や船橋市内の商店会でシャッターアートを複数手掛けていきたい。実績を積んでいき一つのパッケージに育てて共感を持ってくれるアーティストたちと協力してアートの力で地方の活性化に寄与していきたい」と古原さん。

 シャッターアートに関する問い合わせは、MyFuna編集部の公式メールから受け付けている。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
【サニふな】クリスマスイブはIKSPIARIで歌います!... 12/24(月・祝)のクリスマスイブ  は、 IKSPIARI  ゴスペル&アカペラフェス ~ミュージック&ダンス・ステージ~ に出演いたします            IKSPIARIイベント案内ページ:https://www.ikspiar...
【サニふな】ポカポカ火曜日~火曜練習会~... 師走だというのに 日本列島異常な温かさでしたね。 8日 成田空港イベントは 急激に冷え込む模様です みなさん、風邪などひかないように 体調管理、要注意です(^_-)-☆           火曜チームも休憩時間に カンボジアで...
【サニふな】元気に帰ってきたよ~土曜練習会~... 「おかえりなさい」 「元気そうでよかった~」 「日記読みました」 などなど、沢山の優しい言葉をかけてもらった 土曜チーム お年頃の私・・・体調を心配してくれて!! ありがとう、元気で帰ってきたよ~ 休憩時間には カンボジアでのこと お話しさせていただきました。 まだまだ話足りないの...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ