2019年02月07日 配信

全自動の麻雀卓で

2/7(木)金杉台のWINSジムがトレーニングデイサービスにリニューアル

レクリエーション中心で心身元気に

 金杉台団地商店街に入る「WINS GYM(ウィンズジム)」が2月1日、「トレーニングデイサービスWINS GYM(ウィンズジム)」(船橋市金杉台1-1-5-102、TEL 047-404-9858)としてリニューアルオープンした。

 同ジムは従来のデイサービスとは違い、レクリエーション感覚のトレーニングを専門としたデイサービスを提供する。同ジムの運営を行うのは総合福祉サービスの「コンフォートケア」(船橋市金杉台1)。

 代表の形山昌樹さん(50)は、「年をとると意欲が低下しがち。ここは麻雀やカラオケなどが好きな人が集まるので、周りを気にせず楽しみながらトレーニングできる場所にした。楽しくトレーニングを行うことで、やる気や意欲が上がる。高齢者は『歩けなくなるのでは』『認知症にならないか』などの不安感を持つ方が多いが、『ここに来れば大丈夫』と安心感を持ってほしい」と話す。

 曜日ごとにトレーニング内容が違い、月曜と木曜は筋肉トレーニングをし「転ばない体力作り」をする。利用者それぞれの体力や症状にあわせて器機などを使い、無理なく安全にトレーニングを行う。同ジムではNASAが開発したトレーニング器機「パワープレート」も揃え、自宅での自主トレメニューも提供する。

 火曜と水曜は麻雀で脳の活性化を図る。麻雀はパイを積んだり、役作り、点数計算、相手の手を読むなど指先や脳のさまざまな場所を使って楽しむゲームなので、最近では「健康麻雀」と称し、高齢者の間でも人気があるという。同ジムではルールを簡単にし、時間内に終わるように工夫をしている。この日、初参加の山賀了さん(99)は「麻雀歴80年以上だが、最近は長い時間打つのは体がもたないので、ここの時間はちょうど良い」と笑顔を見せた。初心者には麻雀教室を開き、レベル分けをして楽しめるようにする予定だという。

 金曜はカラオケで好きな曲を歌ってストレス発散する。歌うことは血流促進や心肺機能の強化、飲み込む力の強化など、体にも効果があるという。今後人数が増えた場合には、1人ずつ順番に歌うだけでなく、曲によってみんなで歌えるようにもしていくという。

 いずれの曜日も利用者が12時に到着すると、まず健康チェックを行い、12時15分から準備体操。12時30分~15時はストレッチや休憩を挟みながらトレーニングを行う。15時~15時15分には、筋肉をほぐし、疲れが残らないように整理体操を行う、と流れが決まっている。代表の形山さんは「私自身が将来通いたいと思える場所にしたい」とも話す。

 送迎は11時からとなり、入浴、食事の提供はないので、利用者は自宅で昼食をとってから参加する。利用料金は要支援の場合1カ月1,736円~、要介護の場合は1回429円~(要支援、要介護ともに1割負担の場合)。土・日曜定休。

  • 左が代表の形山さん

  • 麻雀の後はストレッチ

  • 広く明るい室内に運動器機も

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ