2019年02月04日 配信

神楽の舞

2/4(月)船橋大神宮で毎年恒例の「節分祭」

豆まきも多くの人出でにぎわう

 船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1、TEL 047-422-2333)で2月3日、毎年恒例となっている節分祭が行われ、晴天の中大勢の人でにぎわった。

 同祭は立春を前に災厄をはらう意味を持つ、年中行事のひとつ。毎年午前と午後の2回行われ、今年も11時と16時から神楽の舞が行われた後、神楽殿前庭で豆まきが行われた。今年は日曜日だったこともあり、家族連れや子どもの姿が多く見られた。

 神楽の舞は、神楽殿をお祓いする「巫女舞」、神さまを神楽殿に導く「猿田彦の舞」、福の神の恵比寿と大黒の「蛭子舞(ひるこまい)」、赤鬼と青鬼を山の神である「鍾馗(しょうき)」が退治する「山神舞(さんじんまい)」の4種類の舞が奉納された。

 同祭には松戸徹市長が参加、そのほか今年の年男・年女の氏子らによって厄除けの豆まきが行われ、来場者に向けて豆や餅、菓子などがまかれた。この豆は縁起物の福豆として喜ばれているという。豆まきが始まると、手を上げたり袋を高く上げたりして、盛り上がりを見せた。

 3歳と5歳の子供連れの母親は「3歳の息子はみんなの盛り上がりに圧倒されて泣いてしまいました。上の子はお菓子がもらえて喜んでいます」と話し、70代の主婦は「今年は人が多くて一つもとれなかったけど、お天気がよくてよかった。舞を見るのも楽しいです」とほほ笑んだ。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
船橋大神宮で節分祭、神楽の舞と豆まきでにぎわう... 2/4(日)船橋大神宮の節分祭 神楽の舞と豆まきに多数の来場者        船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1、TEL 047-422-2333)で毎年恒例となっている節分祭が2月3日に行われ、大勢の人でにぎわった。   ...
船橋大神宮の「初詣」に長蛇の列、晴天の中初もうで客でにぎわう... 1/1(月)船橋大神宮の「初詣」に長蛇の列、晴天の中にぎわう 市内の神社仏閣が初詣客でにぎわう                   2018年の年が明けた1月1...
市内最大規模の夏祭り「ふなばし市民まつり」が28日から、今年... 7/22(土)船橋最大の夏祭り「ふなばし市民まつり」28日から 今年は「ふなっしー」が来場    同祭りは船橋市の主催するものでは最大規模のイベント。船橋駅周辺、中山、習志野台、二和向台の各会場とも趣向を凝らした催しを予定している。  例年、各会場合わ...
船橋大神宮の節分祭り、神楽(かぐら)と豆まきでにぎわう... 2/5(日)船橋大神宮の節分祭 神楽(かぐら)と豆まきでにぎわう    船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1、TEL 047-422-2333)で毎年の季節行事である「節分祭」が2月3日、午前と午後の2回行われ、大勢の人たちでにぎわった。  この祭り...
「船橋大神宮の灯明台」と「廣瀬直船堂」が景観重要建造物に指定... 4/9(土)「船橋大神宮の灯明台」と「廣瀬直船堂」が景観重要建造物に指定 市内の景観上重要であると指定  船橋市では4月1日、「船橋大神宮の灯明台」と「廣瀬直船堂」を景観法に基づく景観重要建造物として指定した。  景観法とは、都市や農業・漁業などの良好な景観の形成を図ることを目的とした法律...
本町通りで「2015きらきら春の夢ひろば」、雨天のため規模を... 5/20(水)本町通りで「2015きらきら春の夢ひろば」 雨天のため規模を縮小して開催        船橋駅南口に広がる昔の参道・本町通りで5月16日、「2015きらきら春の夢ひろば~きてみてつながる人・街・店~」が開催され、市内各所から多くの親子...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ