2019年01月31日 配信

ジェッツカラーの赤で埋め尽くされる船橋アリーナ

1/31(木)船橋アリーナで千葉ジェッツ「ホームタウンふなばしNIGHT」 

船橋市在住・在勤・在学者なら子どもは100円から観戦可

 千葉ジェッツふなばしのホームである船橋アリーナ(船橋市習志野台7-5-1)で1月30日に行われた対サンロッカーズ渋谷戦において、「ホームタウンふなばしNIGHT」が開催された。

 「ホームタウンふなばしNIGHT」では、船橋市在住・在勤・在学者が事前申し込みをすると、通常のチケット価格よりも安くチケットを購入できる日となっている。

 通常、Bリーグ観戦チケットは、前売り単日チケットで2階自由席(立ち見含む)の場合、大人1800円、高校生以下は900円だが、「ホームタウンふなばしNIGHT」に限り、船橋市在住・在勤・在学者がインターネットなどから事前予約をすると、2階自由席(立ち見含む)で大人1000円、高校生以下は100円で観戦できるというもの。当日は、チケット引き換えの際に船橋市在住・在勤・在学を証明する身分証や学生証、社員証を提示する必要があり、チケット購入は現金のみでの取り扱いとなる。

 「ホームタウンふなばしNIGHT」の対象となる席は1階指定A席と2階自由席のみ。1階指定席は開催5日前には完売となっていた。

 先日、天皇杯3連覇を決め、残るは昨シーズンに叶わなかったシーズン優勝を目指す千葉ジェッツふなばし。ホームでの試合はこの日の後約1カ月空いてしまうともあり、同日の「来場者数は4561人」との発表があった。会場のほとんどがジェッツブースター(ファン)で埋め尽くされていた。松戸市長も駆け付け、「リーグ優勝をして優勝パレードを実現させるためにも、最後まで応援をよろしくお願いいたします」と、ブースターへの熱いメッセージを送った。

 同日の試合は前半終了時点で56対33、千葉ジェッツが23点のリードで折り返し、後半も順調に得点を重ね、106対71の大差でゲームを制した。これで球団タイ記録となる13連勝を達成し、試合後のインタビューで大野ヘッドコーチは「ゲームが続いているなか、『ホームを守る』という意識でいいゲームができた。この後も1戦1戦を大切に戦っていきたい」とコメント。

 また、船橋市出身で高根台中学校を卒業している原修太選手は「チームの新記録がかかっている。残り・・・何試合だっけな? ・・・全部勝ってきます!」とコメントし、会場に笑いが起きた。

 観戦者には「ジェッツの試合を見に来たのが初めて」という人も見られ、2人の子どもを連れて来場した40代男性は「アリーナでこんな演出がされているとは想像以上だった。小学生の子どもたちも楽しんでいた」と話し、初めてジェッツの試合を見たという5歳の男児は「火が出るのが熱くて怖かった。けど、『Go!JETS!』と大きな声で応援するのが楽しかった。また見に来たい」と笑顔を見せた。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ