2018年12月01日 配信

鎌田さん

12/1(土)船橋大神宮近くでハンモックリフレイベント
「千葉県内では初の開催では」と主催の鎌田さん

 船橋大神宮近くにある「喫茶店 ダイジングー」(船橋市宮本2-9-1)で11月30日、「リフレクソロジー&ロミロミサロンKahana」によるハンモックリフレクソロジー体験イベントが初開催された。

 イベント開催場所である2年前にオープンした「喫茶店 ダイジングー」は、ヘアーサロンが併設された喫茶店。「地域の人のコミュニティの場としても利用してもらいたくて。今では月に2、3回はイベントを開催しています」と代表の花嶋伸吾さん。

 千葉県で初開催となる同イベントは、南船橋で自宅サロン「リフレクソロジー&ロミロミサロンKahana」(住所非公開、TEL 080-4090-0309)を営む鎌田恵さん(41)が主催。鎌田さんは3年前に自宅の一室を改装し、英国式リフレクソロジーと古代ハワイアンが治療として行っていたマッサージ「ロミロミ」を専門としたサロンをオープンさせた。

 鎌田さんがハンモックリフレクソロジーに出会ったのは今から5年前。「吉祥寺で初めて体験した時に感動して、この技術を多くの人に広めたいと思いました」と話す。

 しかしながら中学3年生と小学5年生の子どもをもつ鎌田さんは、子育てにお金も時間もかかる時期。「自分の資格取得のためにお金と時間を費やさなければならないので、家族を説得したり貯金したりで、資格取得までに5年かかりました」と話す。船橋から埼玉の学校に半年間通う中、何度もくじけそうになったり、練習をし過ぎて手首を痛めて痛み止めの注射を打ったりしながら乗り越え、今年の10月にようやくハンモックリフレの免許を取得した。

 ハンモックリフレとは埼玉県草加市にあるハンモックリフレkikuyaが約9年前に独自に考案した技術で、鎌田さんが取得した10月の時点での資格取得人数は全国で8人のみ。ハンモックに乗った状態で頭や肩、首などそれぞれにあったマッサージを施術する。2、3年前からSNSやテレビなどで徐々に話題になり、同店で初開催となった今回(30分ドリンク付き3,500円)は、告知後3日で16組が満席となった。

 「ハンモックが各個人にあった形で包み込んでくれるので、腰痛がある人や下半身が不自由な人、妊婦や赤ちゃんと一緒にうけることも可能です」と鎌田さん。「今後は自然の中で開催したり、イベントを通して広げて、また来たいと思ってもらえるようにがんばりたい」と話した。

 次回は2月に今回と同じダイジングーで開催予定。

  • 子どもとの施術も可能

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ