2018年11月30日 配信

リーフレットやティッシュなどを配る保健所のスタッフ

11/30(金)エイズ予防を呼び掛けて街頭キャンペーン
12月1日は世界エイズデー

 JR船橋駅北口で11月29日、12月1日の世界エイズデーに向けて、エイズ予防を呼び掛ける街頭キャンペーンが行われた。

 船橋市では、HIV感染者・エイズ患者が尊厳を持って暮らせる社会づくりを目指すとともに、広く市民にエイズ予防を呼びかけるため、正しい知識や検査の普及啓発を目的に実施している。この日、街頭ではコンドーム付きのリーフレット、ティッシュ、シール、ふなっしーが世界エイズデーを呼びかけるうちわを通行人に配布した。

 HIV(エイチ・アイ・ブイ)と呼ばれるウイルスは1983年に発見され、このウイルスが原因で発病するのがエイズ(AIDS)。

 HIVに感染すると免疫機能の白血球の一種であるリンパ球が破壊され、免疫機能(抵抗力)が弱くなってくる。免疫機能が落ちてくると、細菌やウイルス、カビが体に入ってきても抵抗できず増え続け、肺炎や癌などを発症し、死に至る。

 「HIV感染者=エイズ」ではなく、HIVに感染しても、適切な治療を早期から続ければ、発病を抑えること、つまりエイズ予防ができる。そのため、船橋市保健所結核感染症係の松尾さんは「HIV検査は匿名で、また無料で、全国の保健所で受けることができます。

 電話による予約が必要なので、『HIV検査の予約をしたいのですが』と言ってお電話ください」と話す。検査は問診と採血により、約1時間後には結果が口頭で出るという。

 感染経路は、性的接触による感染、血液による感染、母子感染の3つ。そして、日常生活の中で感染することは、まずないという。エイズの治療薬や特効薬はまだ見つかってはいないが、HIV感染の早期発見で発病を抑えることや、症状が悪化しないようにするための治療はかなり進んでいるという。

 エイズ講習会講師派遣事業で縁があった東葉高校(船橋市飯山満町2)は、昨年から吹奏楽部や軽音楽部が同キャンペーンのために演奏を披露。市立船橋高校のボランティア同好会の生徒もキャンペーンに参加し、啓発に努めた。

 船橋市保健所(船橋市北本町1、TEL 047-409-2867)のある船橋市保健福祉センター1階には、エイズデーキャンペーンによるリーフレットやふなっしーのうちわ、パネル展示などがある。HIV検査の電話予約は船橋市保健所へ。

  • 市船の生徒も啓発活動に参加

  • 東葉高校軽音楽部による演奏

  • 船橋市保健福祉センター内

  • 船橋市保健福祉センター1階展示スペース

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
市船サッカー部 優勝パレードで市民に報告-1万7000人が駆... 1/12(木)市船サッカーの優勝パレードに市民1万7000人 市船サッカー部の優勝パレードに1万7000人 沿道にあふれる人・人・人    国立競技場で行われた第90回全国高校サッカー選手権大会において9大会ぶり5度目の優勝を果たした市立船橋高校サッカー部の優勝パ...
自慢の作品を展示販売/市立特別支援学校... 3/5(土)じまん市/市立特別支援学校中学部 中学部作業班の領布会。 自慢の作品を船橋駅コンコースで      市立特別支援学校では、授業の中で行った作業の成果物を定期的に領布会という形で展示・販売を行っている。これは、生徒が販売という形で市民と接すること...
障害者福祉への理解と関心を高める/第16回障害者週間記念事業... 12/5(日)第16回障害者週間 記念事業 作品展&イベント&映画/船橋市中央公民館   障害者福祉への理解と関心を深めるために  12/3(金)から12/9(木)の7日間は「障害者週間」とされている。これは、「広く障害者の福祉についての関心と理解を深め...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ