2018年09月22日 配信

親用のメニュー(鮭のムニエル、春菊と蓮根のサラダ、ひじき煮付、キャベツと玉ねぎのカレースープ)

9/22(土)夏見台幼保園に親子で食事のとれる子育て支援室
腸内環境を整えるオリジナルメニューを提供

 夏見台幼稚園・保育園(船橋市夏見台2-16-1、TEL047-429-7231)に9月4日、親子で食事が楽しみながら交流できる親子登園広場がオープンし、子育て中の母親を中心に話題になっている。

 同園では、0~3歳の子どもとその親を対象とした子育て支援「親子登園ひろば なつみの森」を行っており、その一環として親子で食事を楽しみながら交流できる場を設けている。1、2歳児の子どもとその親であればだれでも参加が可能(要予約)。

 同園は、敷地内の畑で作物を栽培したり、子ども用の専用調理台で料理教室を行ったりなど、さまざまな面での食育に力を入れている。毎日食べる給食は調味料にもこだわっており、白砂糖ではなくビタミンやミネラルが豊富なてんさい糖を使用、米も白米ではなく栄養価が高い胚芽米、パンには米粉を使用している。

 メニューは2人の管理栄養士が主となって作成し、豆類やキノコや海藻類など食物繊維を豊富に含む食材を多く使用する。「情緒や集中力を身につけるには腸内環境を整えることが大切」と話すのは同園園長の鳥居徹也さん。食に積極的に関わることで、子どもたちのあらゆる活動によい影響が与えられるという。

 「なつみの森」では子どもには園児と同じメニューを、親には週替わりで発芽玄米を主食としたメニューを提供する。発芽玄米は残農薬ゼロの福井県産コシヒカリを取り寄せている。オープン初日は鮭のムニエル、春菊と蓮根のサラダ、ひじき煮付、キャベツと玉ねぎのカレースープが提供された。利用できる曜日は年齢によって決められており、9月は週に4回オープンしていたが、10月からは火曜と水曜は2歳(H27.4.2~H28.4.1)、木曜は1歳(H28.4.2~H29.4.1)の日となっている(大人は500円、子どもは無料)。

 「お母さんに方も健康的な料理を味わってもらって、家庭でも献立の参考にしてもらえればうれしい」と鳥居さん。予約及び問い合わせは夏見台幼稚園(なつみの森専用090-4097-7231)まで。

  • 子ども用の調理台

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ