2018年09月07日 配信

9/7(金)映画「きらきら眼鏡」がららぽーと船橋で先行上映
金井浩人さんら出演者が舞台挨拶に

 「ららぽーとTOKYO-BAY」(船橋市浜町 2-1-1)内の「TOHOシネマズららぽーと船橋」で9月7日、映画「きらきら眼鏡」が先行上映され、出演した金井浩人さん、池脇千鶴さん、安藤政信さん、古畑星夏さん、杉野遥亮さん、片山萌美さん、そして監督犬童一利さんと原作者森沢明夫さんが舞台挨拶をした。

 9064人の署名により「地元の船橋市で上演してほしい」という多くの声が集まり、まさに夢が叶った船橋での先行上映となった。

 「きらきら眼鏡」は、恋人の死を受け入れることができない主人公の明海(金井浩人さん役)が、一冊の古本を機に出会ったあかね(池脇千鶴さん役)と出会い成長していく物語。舞台は船橋がメインで、この日は市内のロケ地のガイドマップも配布された。金井さんは船橋の印象に残ったことについて「小松菜ハイボールが印象深いです。撮影はいる前に原作を読んで実際にお店に行って飲みました。真緑でしたが抵抗なくおいしく飲めました」と話した。

 映画は市民参加型で、エキストラとして船橋市民のべ2,000人が参加した。応募総数が800人を超えた「市民オーディション」や、「船橋フィルハーモニー管弦楽団」による劇中伴奏への参加もあった。「炊きだし隊」による手作り弁当は好評で、片山さんは「暑い中たくさんのエキストラの方が協力してくれ、お弁当が本当においしくて、クランクインの初日から船橋に感謝です」と話した。

 今回の映画製作に携わった実行委員会のメンバーに対して、金井さんは「本当に助けていただきました。地元の方の期待を感じながら映画を作りました」と感謝の気持ちを話すと、池脇さんは「みなさんの熱意がなければ絶対に実現しなかったと思います。私たちの映画でもあり、ボランティアの方、スタッフの方みなさんの映画だなと思います」と感慨深げに話した。

 森沢さんは千葉県船橋市出身。「知り合いがエキストラでちょこっと出ていたり、書類で落とされた知り合いにはどうして落とされたんだよとクレームが来たりして、楽しかったです」と、地元出身者ならではのエピソードを話した。

 映画は9月9日までTOHOシネマズららぽーと船橋で先行上映が引き続き行われる。9月15日には有楽町スバル座(東京都千代田区有楽町1-10-1有楽町ビルヂング)で、9月29日からシネマート新宿(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル6階・7階)ほか全国で順次公開される。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
【サニふな】ららぽーとTOKYO-BAYで歌ってきました!... ひと足早めのクリスマスゴスペルライブ ららぽーと TOKYO BAY 北館中央広場にて 歌わせていただきました。 1st 15:30~16:00 2nd18:00~18:30 両ステージとも早くからたくさんのお客様に集まっていただき身の引き締まる思いでした。 ありがとうございました。...
今年も西船橋駅前にイルミネーションが点灯、ららぽーとTOKY... 11/14(火)今年も西船橋駅前にイルミネーションが点灯 ららぽーとTOKYO-BAYもクリスマス仕様に   ららぽーとTOKYO-BAY    JR西船橋駅(船橋市西船4)北口のロータリーでは11月12日、イルミネーションの点灯式...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ