2018年09月06日 配信

2Fにラシサ、1Fに大衆バル塩谷商店を構える

9/6(木)市民文化ホール近くに大衆バル「塩谷商店」
ラシサダイニングが創業から12年を経て2店舗目を出店

 船橋市民軍歌ホール近くの路地裏に大衆バル塩谷(えんや)商店(船橋市本町2-3-31‐2F、TEL050-5349-5691)が9月5日開店、「リーズナブルで一人でも気軽に訪れられる店」を目指して同店2階に12年前創業した「ラシサダイニング」のオーナー塩谷和正さん(38)が経営する。

 塩谷商店は、塩谷(しおたに)さんが経営する大衆バルという事で命名。ラシサダイニングを創業した時に「二桁年(十年)まではこの店だけに専念して頑張る」という塩谷さんの自分との誓いを果たし、満を持してのオープンだ。同店は、以前に中華料理の香宮(しゃんぐう)が営業していたテナントに居抜きで出店。香宮のテーブルやイスも簡単なリノベーションを施して活用、看板商品だった「担担麺」のレシピと魂を受け継い塩谷さん流のアレンジをきかせて提供する。

 カウンター側半分は2階のラシサダイニングをイメージ、反対側の奥の壁半分は香宮の趣を残しつつ大衆バルとしてのちょっとレトロな雰囲気を演出しているという。店舗面積は、18.5坪、カウンター5席、ハイテーブル6席の合計34席。

 メニューは、前出の担担麺(680円)を残しつつ、肉焼き数種類を揃えるほか、煮込み玉子、貝の酒蒸し、水ぎょうざ、手作りワンタン、ポテトサラダ、生ハム、冷やしトマト、枝豆など居酒屋や角打ちなどで提供されるリーズナブルなメニュー構成。ワインと瓶ビールはボトルで提供。塩谷さんが、船橋市内初のセルフサービス形式と豪語する、飲みたいものを自分で持ってくる自己申告の会計方式。そのほか、カクテル、ハイボール、焼酎なども揃える。

 「自分が飲みに行くんだったら絶対にいきたい店を作った感じです。いくら食べても飲んでも財布が気にならなくって、ワインも豊富。焼酎もカクテルもハイボールまである。フードメニューも簡単に提供できるものばっかりでかしこまった雰囲気のレストランというラシサとは違う大衆向けの店」と、塩谷さんは理想の店を実現させたという。

 今後同店は、多店舗展開も視野に入れて業容を拡大していく予定だという。まずは、来年貝専門の「船橋ホンビノスセンター(仮名)」を開店、同時進行で上総一ノ宮にもイタリアンの店を開店させるために準備を進めているという。

 営業時間、11時~13時半、17時~24時。定休日は未定。

  • 塩谷さんと久美子夫人

  • 大画面のTVでスポーツ観戦も盛り上がる

  • 右半分(カウンター側)はラシサ、左は大衆バルのイメージ

  • 「市内初!」(塩谷さん)と豪語するセルフワインシステム

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ