2018年08月28日 配信

松戸徹市長と記念撮影する岩瀬駿佑選手と荻野美紅選手

8/28(火)「中山柔道会」の小学生ペアが千葉県大会初優勝
全国大会出場の喜びを市長に報告

 中山柔道会所属の岩瀬駿佑選手と荻野美紅(みく)選手が8月27日、船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を訪問し、「平成30年度千葉県少年柔道大会 形競技会」で初優勝、「第8回日整全国少年柔道形競技会」に出場することを市長に報告した。

 同日訪問したのは、両選手に加え、中山柔道会会長の狩野徳之さん、副会長で監督の石井正明さん、そして選手の母親。岩瀬駿佑選手は葛飾小学校5年生、荻野美紅選手は海神小学校5年生。

 中山柔道会は、1949(昭和24)年に本中山地域を中心として始まった創設69年になる柔道クラブ。船橋市西部公民館を活動拠点とし、大人から幼児まで楽しく活動する。一方で、昨年度は「第14回全国小学生学年別柔道大会」で優勝するなど、全国規模の大会で活躍する選手を輩出している。

 「日整全国少年柔道形競技会」は日本柔道整復師会が主催する全国大会。各地区(全15ブロック)より予選を経て、計30チーム出場。小学4年生以上で、国籍、男女を問わない2人組で出場し優勝を争う。優勝チームは次年度の全国少年柔道大会において形を演武する。

 岩瀬選手と荻野選手は、ペアを組んで約1年半になるという。練習は週1回くらいのペースになるというが、狩野会長は「形競技に興味があったのがこの2人で、呼吸がぴったりなんです」と話す。

 岩瀬選手は「将来の夢が警察官なので、ためになると思って始めたことがきかっけでした。全国で優勝できるようがんばりたい」と話し、荻野選手は「まさか優勝できるとは思っていなかった。感謝の気持ちを忘れず全国大会でベストを尽くしたい」と話した。

 松戸徹市長は、「二人ともやるべきことを自覚していて素晴しい。家族へ感謝し、全国でもベストを尽くしてください」と激励した。

  • 選手の母親がスマホで形競技会の動画を紹介、それを確認する松戸徹市長

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
スポーツ推進委員功労者とボランティア功労者が受賞、市長に報告... 2/22(水)スポーツ推進委員功労者とボランティア功労者が受賞 スポーツ功労者受賞の喜びを松戸市長に報告           文部科学大臣より「平成28年度スポーツ推進委員功労者」として表彰された船橋市スポーツ推進委員の勝...
豊富中の北守校長が全日本柔道連盟の優秀指導者に、全国で14人... 5/13(水)豊富中の北守校長が全日本柔道連盟の優秀指導者に 全国で14人選出の内の1人に          豊富中学校の北守則孝校長が優秀指導者として全日本柔道連盟から表彰されたことを松戸徹市長に報告のため5月8日、船橋市役所を訪れた。 ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ