2018年07月17日 配信

天丼定食

7/17(火)大神宮近くに和食中心の「居酒屋・割烹 まつ田」
リニューアルオープンから1年

 本町で21年営業してきた居酒屋・割烹「まつ田」(船橋市宮本4-1-2、TEL 047-409-5557)が船橋大神宮近くに転居、リニューアルオープンから約1年が経過した。

 店主の松田光義さん(67)は船橋で育ち、宮本小・宮本中学校出身。「いなりや」で修行をしたのちに、本町で店を構え21年。時世の流れで本町の店はたたみ、昨年宮本の知り合いのすし店を居抜きで譲り受け、「酒屋・割烹 まつ田」としてオープンした。過去には調理師会で重要なポジションで活躍し、正月の天皇陛下への料理を作った経験もあるという。

 店舗面積は約11坪。4人掛けテーブル2卓に、カウンター7席。2階には18人が入れる宴会スペースもある。食材のほとんどを船橋市場で仕入れている。

 ランチは刺身定食、ふぐ丼定食(以上1,100円)、鉄火丼定食(1,000円)、ミックスフライ定食(950円)、天丼定食、天ぷら定食、チキン南蛮定食(以上900円)、鳥天定食、鳥から揚定食、焼き魚定食(以上800円)、うな重(2,500円)などメニューが豊富にそろう。最初にサラダが通され、ご飯はおかわり自由。

 居酒屋メニューも刺身の盛り合わせ(950円~)や、焼き魚、エビメンチ(400円)、えいひれ(450円)、牛タタキ(800円)、フライ(700円~)など。飲み物はサービスタイム16時30分~18時まで半額になる(宴会は別)。宴会は5,400円コース(飲み放題2時間予約制)がある。

 ランチに初めて来店したという近隣の会社のサラリーマン3人連れは、「おいしかった。また来ますよ」と言って店を後にした。大神宮でお宮参りなどをした家族連れが立ち寄ることも増えてきたという。

 「小中学校が一緒だった仲間と、今でも一緒にここで飲むことがある」と松田さん。「手伝ってくれる若い仲間がいて盛り上げてくれる。お陰で徐々にこの辺りでも店を知ってもらえるようになってきた」とも笑顔で話す。

 営業時間はランチ=11時30分~14時、16時30分~23時。水曜定休。駐車場は軽自動車なら2台分用意がある。

 

  • 店主松田さん

  • 2階の大宴会場

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ