2018年06月24日 配信

イメージ図

6/24(日)古和釜分署・消防訓練場が来年4月に開署予定
一般市民も利用可能な市内初の訓練場も

 船橋市東消防署分署の「古和釜分署・消防訓練場(仮称)」(船橋市古和釜町502-1ほか)が、来年4月1日に開署に向けて工事が進められている。

 船橋市内には現在3署・7分署・2出張所・1ステーションの消防施設があり、古和釜分署が14施設目となる。

 同署は、古和釜町、松が丘、坪井、大穴地区周辺が主な出動範囲となり、市内の消防力の充実・強化を図ることを目的としている。3か年計画で進められ、平成31年4月1日に開署する予定。

 また、消防署と同じ敷地内に消防訓練場の工事も同時に進められている。市内初となる訓練場は、複雑多様化、大規模化する各種災害の発生に備え、消防職団員らの災害対応能力の向上を図ることを目的として整備される。

 消防分署は3階建て、消防訓練場は6階建て1棟と3階建て2棟。訓練場には車両訓練スペースも設けている。また訓練場では避難階段や消火訓練など実際の施設を使って訓練することができる。

 市内初となる訓練場は、消防職員・団員だけでなく一般の市民の利用も可能。官民一体となって同訓練場を活用することで、市の消防力の強化や市民の防火意識を高めることが期待されている。「町会や自治会など、市民のみなさんが広く活用できる施設になるよう計画を進めていきたい」と消防局の酒井真さん。

問い合わせは、船橋市船橋市消防局総務課(047-435-1113)まで。

  • イメージ図

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
天沼公園で「トラックの日」イベント、地域とつくる交通安全への... 10/10(火)天沼公園で「トラックの日」イベント 地域とつくる交通安全への取り組みも節目の10回目    船橋駅北口の天沼弁天池公園(船橋市本町7-16-1)で10月8日、「トラックの日2017 in 船橋」が行われた。  主催は千葉県トラック...
馬込斎場に次ぐ第2斎場(仮称)の新築工事起工式、習志野市茜浜... 8/22(火)馬込斎場に次ぐ第2斎場(仮称)の新築工事起工式 需要増加に応え習志野市茜浜3-38-16に2年後完成        馬込斎場(船橋市馬込町1102-1)に次ぐ第2斎場(仮称)の施工業者である松井・小田原特定建...
南極観測船「しらせ」が6年ぶりに船橋港へ、先代「SHIRAS... 8/16(水)南極観測船「しらせ」が6年ぶりに船橋港へ 先代「SHIRASE」と新旧がそろい踏み      南極観測で活躍する現役の砕氷艦「しらせ」が8月19日、20日の2日間、6年ぶりに船橋港(船橋市高瀬町2)にやって来る、これに合わせて特別...
東中山町会1組でスタンドパイプを使った消火訓練を初開催、自分... 7/5(木)東中山町会1組でスタンドパイプを使った消火訓練を初開催 「自分たちの街は自分たちで守る」をテーマに             東中山町会1組は、東中山2丁目緑地隣地(船橋市東...
千葉県初・大学と行政がドローン開発、船橋市消防局と日本大学理... 6/5(月)千葉県初・大学と行政がドローン共同開発 船橋市消防局と日本大学理工学部が災害対策に乗り出す        船橋市は、日本大学理工学部と連携して消防活動に活用できる無人航空機「ドローン」の開発などを目的に6月2日、...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ