2018年06月08日 配信

店主の石田さん

6/8(金)「麺酒場でめきん」が本町から下総中山へ移転
家族連れでも立ち寄りやすい店へリニューアル

 3月中旬に閉店した船橋駅南口の「麺酒場でめきん」が、下総中山駅から徒歩1分のところ(船橋市本中山2-23-8、TEL090-9817-9275)に移転し、4月3日にオープンした。

 店主は本町で約10年間「でめきん」を営んできた石田弘樹さん(38)。「10年という節目でもあるので、場所を変えて心機一転し、家族連れでも利用しやすい店舗を構えてみようと思いました」と話す。

 2階建ての約16坪の店内には、カウンター5席を含む19席を用意。木材を多く使用し、ステンドガラスのライトで「和カフェ」のようなモダンな雰囲気を演出。「2階の内装は妻と相談して女性の目線も取り入れながら考えました」と石田さん。壁にはところどころに店名にもなっている「でめきん」の絵が描かれている。

 2階の一部に製麺所を設け、国産小麦を使用して毎日打っている。用意する麺は細麺、中太のストレート麺とちぢれ麺の3種。メニューによって使い分ける。スープは丸鶏と豚、香味野菜を約7時間煮込んで作り、味噌だれは、北海道の赤みそと白こうじ味噌をベースに、ねぎやにんじん、しょうがなどの野菜を加えてじっくり煮込んで作り上げている。

 ランチは事前に食券を買うスタイルで、味玉・チャーシュー・などがトッピングされている「でめきん味噌」(980円)や「味噌ラーメン」(750円)、「醤油ラーメン」(680円)などを用意。また好きなラーメンと合わせて「餃子とミニチャーシュー丼」がセットになる「がっつりセット(100円)やミニサラダと黒胡麻プリンとお茶がつく「デザートセット」(100円)も人気だという。お子様セット(480円)も用意する。

 夜のメニューは、ラーメンだけでなく一品料理にも力を入れ、新店では税込みで価格ごとの分かりやすいメニュー構成に。「坦々風ゆで餃子」などの300円メニュー、「チーズ餃子」などの400円メニュー、「名物肉豆腐」などの500円メニューを用意。ドリンクはビールや焼酎、ワイン、ハイボールなど一通りをそろえる。

 「移転前に来てくれたお客さんも来てくれるので有難いです」と石田さん。「テーブル席もたくさん用意しているので、子連れのランチや家族でも気軽に来てほしい」とも。

 営業時間は11時半~14時半、18時~23時。月曜定休

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
小室にエリア初のカフェ、印西のレンタルファーム併設のカフェ「... 1/20(金)小室駅前に「CAFEトトノエ」が印西市から移転OPEN 印西市で農園カフェとして知られていた「トトノエ」が船橋に          船橋市北部、北総線の小室駅前商店会に同エリア初となるカフェ「CAFEトトノエ」(船橋市小...
馬込沢駅の「magome coffee project」がリ... 12/29(木)馬込沢駅の「magome coffee project」がリニューアル 珈琲の焙煎に大きくシフト、ギフトにも力を入れる        馬込沢駅前商店街の一角にある珈琲専門店「magome coffee project」...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ