2018年05月15日 配信

下総中山駅前のロータリーすぐ近くに開店

5/15(火)中山商店会に鶏白湯専門店つけ麺まるや
福島県いわき市から関東初出店

JR総武線の下総中山駅北口のロータリー近く、中山商店会の入り口付近に鶏白湯専門のつけ麺店「まるや」(船橋市本中山2-16-9)が4月7日開店、鶏出汁の濃厚スープが商店会の話題を呼んでいる。

店舗面積は、38坪。カウンター10席とボックス席で26席、そのほかに8席の座敷という合計34席を用意する。本部は、福島県いわき市。福島県県内に3店舗を構え、近畿地方に1店舗、今回の下総中山店は関東発出店となる。

鹿児島県の桜島地鶏を使用したコラーゲン豊富な濃厚スープは、くせが少なく濃厚さとまろやかさを兼ね備えた特徴のある味わいが地元で人気を呼んでいるという。

また、つけ麺のつけ汁は、同店オリジナル美濃焼の土鍋を採用。客席に運ばれてきた時に「アツアツを食べてほしい」という同店の想いからグツグツと音を立てている状態で提供される。もちろん、食べ進めるうちにつけ汁の温度が下がってきた場合は、快く温め直しにも応じる。

つけ麺は並盛や大盛などサイズを選べる。つけ麺だけでは物足りないという場合は、大きなから揚げ1皿(3個)と半ライスにおしんこのセット(プラス290円)を用意する。

来店客に人気の高いという大きめのから揚げは、パリパリ食感が特徴的。にんにくと生姜をベースに味付けされビールなどにも合いそうだ。チャーシューは店舗仕込み。各店の仕上げ具合によって店舗独自の特徴を楽しめるという。

営業時間は、11時~、15時~24時(L.O.23時半)定休日はなし。

  • 太麺で歯ごたえあるしっかりした麵

  • つけ汁と半ライスでおじや風の食べ方も薦めている

  • ボックス席とカウンター席で26席を用意

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
ダシに豚を一切使わない「鶏そば」で勝負、九州の食文化を下総中... 6/24(金)ダシに豚を一切使わない「鶏そば」で勝負 現在は「鶏そば」と「鶏白湯そば」の二本立て        JR下総中山駅から徒歩1分の場所に「鶏そば 朱雀」(船橋市本中山3-14-21、TEL 非公開)がオープンしてから半年がた...
本町通りの「麺酒場でめきん」が地元ファンに惜しまれつつ移転、... 1/29(月)本町通りの「麺酒場でめきん」が移転、 地元ファンに惜しまれつつ3月下旬、下総中山へ 店主の石田さん  船橋駅南口の本町通りにある「麺酒場でめきん」(船橋市本町2-26-1、TEL047-437-6225)が3月中旬に閉店し、3月下旬から下総中...
習志野市大久保に房総式らーめん専門店「JINRIKISEN-... 3/12(日)習志野市大久保の商店街に房総式らーめん専門店「JINRIKISEN-人力船-」 八千代のご当地らーめん専門店「ra2」オーナーが姉妹店   京成電鉄大久保駅から東邦大学に至る商店街の一角に房総式らーめん専門店の「JINRIKISEN-人力船-」(習...
津田沼駅北口の「麺酒処 がつん!!」-塩ラーメンから煮干しラ... 10/25(土)津田沼駅北口の「麺酒処 がつん!!」 前店「親父の塩」から一転、カフェバー風に    JR津田沼駅北口から徒歩3分に位置する「麺酒処 がつん!!」(船橋市前原西2-13-1 TEL 047-409-2939)が10月3日、前身の...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ