2018年04月03日 配信

4/3(火)船橋漁港で伝統の水神祭
玉串奉奠(ほうてん)と神楽の奉納も

 海の安全や豊漁を祈願する漁師の伝統行事「水神祭(すいじんさい)」が4月3日、晴天に恵まれた船橋漁港(船橋市湊町3-16-1)で盛大に開かれた。

 水神祭は、滝口宜彦さんが組合長を務める船橋漁業協同組合が主催の神事。大漁旗を掲げ、普段は見ることのできない特別な並べ方で港に船を係留し、その船上で神事が執り行われ、来賓や漁業関係者が集まった宴席が開かれた。

 神事は、江戸時代から伝わるという雅楽の奏上と4つの舞い。装束姿で鈴を持った踊り手が舞台を清める「巫女舞」、神さまを舞台へ案内する「猿田舞」、ふたりの神さまが途中で入れ替わる「恵比寿舞(蛭子舞)」、青鬼と山の神の鍾馗(しょうき)が踊る「山神舞」。

 鍾馗が青鬼を追い払い平和になると、それを祝い、豊漁を祈って船上から招待客たちが紅白のお餅を景気よく撒き、見物客たちは、大人も子どももご利益のある餅を拾おうと必死になって餅撒きに参加した。

 なお、水神祭の神楽は、船橋市の指定文化財(無形民俗)に指定されており大神宮楽部で伝承してきた。市内在住の60代の男性は「毎年この季節になると春を感じるために水神祭に参加する」と話した。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
市内最大規模の夏祭り「ふなばし市民まつり」が28日から、今年... 7/22(土)船橋最大の夏祭り「ふなばし市民まつり」28日から 今年は「ふなっしー」が来場    同祭りは船橋市の主催するものでは最大規模のイベント。船橋駅周辺、中山、習志野台、二和向台の各会場とも趣向を凝らした催しを予定している。  例年、各会場合わ...
船橋漁協が地元漁業のPRビデオを小中学校に寄贈、「豊かな漁業... 6/3(土)船橋漁協が地元漁業のPRビデオを小中学校に寄贈 「豊かな漁業のまち船橋」を広く周知    船橋市漁業協同組合が、船橋の漁業についてのPRビデオを作成し、船橋漁業協組合代表理事組合長の滝口宜彦さんと同組合専務理事の松本好司さんが6月1日、...
湊町八劔神社本祭りでお囃子とばか面踊り、12町会の山車が集結... 7/21(木)湊町八劔神社本祭りでお囃子とばか面踊り12町会のお囃子車が集結3年に1度行われる湊町八劔神社本祭りを盛りあげようと、湊町小学校(船橋市湊町1-16-5)と旧正門前道路で7月15日、12の湊町連合自治会によるお囃子とばか面踊りが披露された。湊町八劔神社本祭りは江戸時代から伝わる行事で「五...
船橋漁師たちの祭礼「湊町八劔神社本祭り」、3年に1度の本祭り...  7/20(水)船橋漁師たちの祭礼「湊町八劔神社本祭り」3年に1度の本祭り、無事閉    3年に一度本祭りが行われる、漁師たちの祭礼「湊町八劔神社本祭り」が7月12日、15日~18日の5日間で行われた。 主催は12町会が所属する湊町連合自治会。同祭りは、江戸の徳川時代、船橋の漁師町に疫病がまん延し、...
船橋漁港で江戸から続く伝統行事「水神祭」-あいにくの雨天開催... 4/5(土)江戸から続く漁師町の伝統「水神祭」 昨年は大嵐、今年は雨天、来年は晴天を祈願      船橋市漁業協同組合が、船橋の漁師が江戸時代から季節の変わり目4月3日に行ってきた「水神祭」を、船橋漁港(船橋市湊町3-16-1)の荷さばき所で開催した。 ...
漁の安全と大漁を祈願した「水神祭」-江戸から続く春の訪れ告げ... 4/3(火)水神祭 江戸時代から伝わる伝統行事-冬と春の変わり目に          海上の安全や豊漁を祈願する船橋市漁業協同組合(大野一敏理事長)主催による水信仰の神事で市の文化財指定を受けている「水神祭」が、例年同様4月3日に船橋漁港(...
福祉センター文化祭で本格茶道を体験/南老人福祉センター... 10/6(木)第12回船橋市南老人福祉センター文化祭/南老人福祉センター 福祉センター文化祭で本格的な茶道を体験   本多宗与さん(左)と深田宗洋さん(右)    船橋市が主として市内南部に居住する60歳以上の高齢者に向け設立した南老人福祉センターが主催...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ