2017年02月15日 配信

2/15(水)中野木の八坂神社で恒例の辻切り

中野木小学校の児童たちも見学

p1020958  
   

 中野木にある八坂神社(船橋市中野木1-12-1)で2月11日、伝統行事の「辻切り」が行われた。

 この行事は、中野木に住む農家による古くからの行事で、八坂神社の東西にある辻(集落の入り口)に、藁(わら)で作った大蛇を置き、それにより悪霊払いをしている。また、五穀豊穣(ごこくほうじょう)の意味も込められている。

 毎年初午(2月最初の午の日)に、神社にある集会場で、農家の23世帯が全長5~6メートルほどの大蛇を東西2匹分作る。その際に、各世帯にも置く小さな蛇も作り、それらを神社の本殿で御神酒を飲ませ一度安置、東西それぞれの入り口にある大木に大蛇を巻きつける。前年に巻かれた大蛇は、その時に外される。

 代表の興松勲(おきまついさお)さん(76)は、50年以上も辻切りの行事に参加している。「起源は分からない。資料には昭和47年以前のものはないが、一説によると100年以上前から行われているという。平成9年に船橋の無形民俗文化財に指定されてからは、中野木小学校で児童たちに辻切りの説明を行っている」と話す。

 「昨年あたりから、3年生の総合学習で、地域の文化を知る授業の一環として辻切りを勉強している」と、見学に来ていた中野木小学校の先生。

 この日、辻切りの見学に中野木小学校の3年生とその家族が30人ほど集まった。母親と来た3年生の女の子は、「この間授業で話を聞いたので興味があって来た。大きな蛇が作られるのを生で見たい」と話す。見学に来たほとんどが生で見るのは初めてとのこと、完成した大蛇を見て、「すごい、大きい」といった声があがっていた。

p1020924 p1020938
p1020946 p1020950
p1020945 p1020943
p1020962 p1020961
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
民話研究家の荒石かつえさんを祝う会、第57回久留島武彦文化賞... 2/18(日)民話研究家の荒石かつえさんを祝う会 第57回久留島武彦文化賞個人賞受賞を祝して          京成船橋駅からすぐの場所にある「アロハ・グランドテラス船橋」(船橋市本町4-44-25、TEL 047-77...
西図書館で千葉ロッテマリーンズの展示会、3月4日まで西図書館... 2/14(水)西図書館で千葉ロッテマリーンズの展示会 3月4日まで西図書館、3月7日からは船橋アリーナで    岩佐真吾さん    船橋市西図書館(船橋市西船1-20-50)の2階ギャラリーで、2月9日から、プロ野球チーム「千葉ロッテマリーンズ」の巡回...
金杉小「ひまわりフェスティバル」開催まもなく、3年生が当日の... 7/6(木)金杉小「ひまわりフェスティバル」開催まもなく 本番前に3年生が役割確認と最終チェックを    金杉小学校(船橋市金杉8-10-1、TEL 047-448-3201)の校舎南側に広がるひまわり畑(船橋市金杉8-25)で7月8日・9日、「ひまわりフ...
「船橋市市制施行80周年記念誌」発行、市にゆかりのある有名人... 4/8(土)「船橋市市制施行80周年記念誌」発行 市にゆかりのある有名人など80人にインタビュー        船橋市が2017年4月で市制80周年の節目をむかえたことで4月1日、80周年を記念した「船橋市市制施行80周年記...
中野木の辻切り(船橋市指定無形民俗文化財)... 2/1(月)中野木の辻切り(船橋市指定無形民俗文化財)  この日、中野木の八坂神社でこの地域の伝統的な儀式である『辻切り』が行われた。※写真は昨年の大蛇。大蛇は一年間辻で厄災が入り込まないように見張っている。  『中野木の辻切り(つじぎり)』とは、毎年初午(2月最初の午の日)に、わらで作った大蛇を旧...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ