2016年10月01日 配信

201610_pickup_1a.jpg

ふなっこ畑の入り口横で鮮魚の移動販売を営む藤村宗和さん(75)は、鮮魚の移動販売43年の大ベテラン。長年培った鮮魚の知識と仕入れルートで得意のマグロを中心に、季節に合わせた売れ筋鮮魚を取りそろえる。
若い頃は工業製品の商社で営業マンとしてその手腕を発揮していた藤村さん。
29歳で独立、時代も手伝ってグングン事業を拡大。最盛期にはラーメン店や魚を扱う食堂まで手掛けた。
しかし、第一次オイルショックで会社は倒産。
「何度も地獄を見てきましたよ。私の人生、七転び八転びですから」と笑顔で振り返る。「どん底で、好きな魚を生業にしようと移動販売を始めた。右も左もわからない中、なんとか生き残ってきました。当時、千葉市内に100社以上いた同業は、今2、3社だけです」と話す。
「コンビニや回転寿司などで魚を食べた気になっている。安心・安全なものを買って、家族団らんの中でお母さんの手料理を食べるのが子どもたちの教育にとって大事。それに、魚は小骨がありカルシウムが豊富。怪我をしやすかったり、キレやすい子どもが増えているのは、カルシウム不足が原因。魚食の普及と正しい食事を広めることが私の使命だと思います」と、笑顔を見せた。

201610_pickup_1b.jpg

201610_pickup_1c.jpg

ふなっこ畑

住所 船橋市行田3-7-1
電話番号 047-439-3061
営業時間 9:30~18:00
定休日 火曜日
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
今月のピックアップ/「ふなっこ畑」の創業時から出荷を続け 現...  木下街道の船橋と市川の市境あたりで、畑が少し見える場所がある。それが吉田尚光 さん(38)が先祖代々受け継いでいる畑。町内にある別の畑と合わせて約8反(2400坪)の畑で、露地栽培のみでさまざまな野菜を栽培している。以前は市場のみへの出荷だったが、「ふなっこ畑」のオープン当初から同所へも出荷...
ぐるり船橋 街めぐり/行田公園エリア... 歴史を見守ってきた行田の広大な台地に広がる公園 行田公園は広さ約3万6千坪。園内では夏祭り、マラソン大会、フリーマーケットなど、市民主体のイベントが開催され、多くの市民の活動の場ともなっている。 下総台地の一角だった行田は農地だったが、1915年(大正4)に海軍無線電信所が建設され、歴史的役...
今月のピックアップ/サラリーマンをやめた若者が 先祖代々受け... 享保7年、徳川吉宗の時代から前貝塚で生活していたという記録が残る木村家。長男の木村大樹さん(30)は、今春30歳を目前に脱サラをして家を継いだ。そして両親と一緒に働き始めた矢先、父大二郎さんに癌が見つかったという。「数カ月でも一緒に働けたのでよかった」と大樹さん。 現在、母親と一緒にハウス8棟...
今月のピックアップ/サラリーマン家庭で育った女子が 農家に嫁... 岐阜のサラリーマン家庭に生まれ育った鈴木由記さんは25歳の時、転職を機に東京へ。 8年前、久一朗さんと結婚するとすぐに妊娠・出産。しばらくは育児と家事だけで精一杯だった。子ども達の入園を機に、種まきや収穫をメインに週2日.3日程度、畑を手伝うように。久一朗さんは夏場になると日の出とともに起き...
今月のピックアップ/家族4人で助け合いながら役割分担 それぞ... 豊富の1ヘクタールの土地で約30種類の切り花や約50種類の野菜を栽培しているのが、高橋栄ひでと登さん(39)と妻の三枝子さん(33)、栄登さんの両親の4人。 祖父母の代は花の栽培がメインだったが、今はそれに加え直売所のみに出荷している野菜を多品種少量で栽培している。「野菜栽培にだんだんシフトし...
今月のピックアップ/種から育てる野菜作りにこだわり 小松菜を... 船橋を中心に、市川、東京大田区の3市場メインで年間約15万束を出荷している小松菜農家の藤田均さん。大学卒業後、種苗会社で勉強し23才で農業を始め、今年31歳になる。祖母と両親との4人で毎日500~600束を目標に出荷。妻の明日香さんは10カ月になる大翔くんの子育てで目が離せない毎日だ。 藤田さ...
今月のピックアップ1/旬の時期に採れたてを提供 露地栽培にこ... 家の家に生まれ、サラリーマンを経験した後、27歳で家業を継いだ大塚宏隆さんは、祖父の代から温室や温床などの設備を使わず作物を育てる「露地(ろじ)栽培」を採用。大塚さんは「旬の時期に旬の野菜を食べて育ったので、自然と露地栽培を続けています」と笑う。 現在、自宅敷地内と近隣あわせて4つの畑で、1...
今月のピックアップ/畑と自宅の軒先で「朝市」 地元の人へ農園... アイスプラント、ちぢみほうれん草、色つき大根などの珍しい農産物をふなっこ畑に出荷している石井俊彦さん。野菜の特徴を生かして栽培することに楽しさを感じ、家族でさまざまなチャレンジを行っているという。今は、アスパラガスに挑戦中で、「うまくできたら『ふなっこ畑』に出荷しようと考えています」と笑顔をみせ...
今月のピックアップ①/鴨川にある「道の港まるたけ」が 9月か... 鴨川市の国道128号沿い、シーワールドや誕生寺近くにある干物の店「道の港まるたけ」。「プロが選ぶお土産施設100選」で今年全国9位に選ばれた同店が、9月からふなっこ畑の一画にコーナーを設置している。同店課長・滝口由太さんの祖父の代に創業。自社工場を持ち、全国各地から旬の魚を仕入れ、干物をメインに...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ