2012年05月01日 配信

201205_fukushi_thumb.jpg

障害のある方にサービスを提供するのではなく同じ社会で「共に生きる」

ラフト = いかだ
しょうがいをもつ彼、彼女も
しょうがいをもたない彼、彼女も
わたしも あなたも
そこに生きる風景
浮かぶひとつのいかだ

わたし達は、これから小さないかだを作ります。
そして、そのいかだに乗り、出発します。
小さないかだの上で見えるもの、
感じることを大切にしながら、
オールを漕いでいきたいと思います。

川の水は冷たく、時に激しいその流れに
負けそうになるかもしれません。
頭上の空はいつも快晴とは限らず、
大雨が降る日が訪れるかもしれません。

それでも、少しでも、前に進めたら。

小さな船出の先にある
まだ見ぬ新たな景色に出あうため、
わたし達は、「NPO法人ラフト」を
設立します。

これは、設立時に記した文章です。
NPO法人ラフトはこの春5年目を迎えます。

現在、障害のある方たちの地域での生活を支援するため「サポート&サービスラフト」という事業所を運営し、365日24時間、マンツーマンのパーソナルサービスを提供しています。サービスの内容でいうと、ガイドヘルプと呼ばれる外出の支援が主です。ホームヘルプも行なっています。公的制度(移動支援・行動援護・居宅介護・重度訪問介護・同行援護)のサービス利用が多いのが実際ですが、制度では認められていないニーズに対しては、独自に制度外サービスも設定しています。
契約者は現在1 1 0 名程。幼児~50代の方まで、障害の種別も様々です。(傾向としては発達障害・知的障害のある方が多いです。)契約を希望してくださる方は後を絶たない状況ですが、各々の利用者さんの性格や障害特性、またそのご家族や周辺環境を理解し、ひとりひとりの生活におけるニーズを把握した「必要な時に必要な支援」を目指す時、一事業体としてその対象者数に限りを設けざるを得ないところもあり、現在はなかなか新たな契約は結ぶことができない実情です。(これについては葛藤もあります。)
所属のガイドヘルパー・ホームヘルパーは約20名で、自分の思いを一方的に押し付ける支援者にとどまらぬよう、障害特性の理解や支援技術、「地域生活支援」の意義等を学ぶ「研修」を周辺事業所よりも多く設けているのが特色かと思います。
この4月から、新事業として、障害のある方の「働く場」づくりにも取り掛かって行きます。
NPO法人ラフトの一番の目的は、障害のある方にサービスを提供するこ
とでは決してなく、あくまでそれは同じ社会で「共に生きる」ための手段です。ニーズ(必要性)と要求の見極めは大事にしていきたいと思っていますし、今後はサービス提供以外の手段も増やしていけたらと思っています。
私達の毎日は、隣に立たせてもらいながら、わかったりわからなかったり・・・人と人同士なので、やっぱりこれは永遠に続きます。それでも時に一緒に悩んで、一緒に喜んで、一緒に悲しんで。「がんばれ!」と心から応援もするけれど、失敗してもまた同じ場所に立っている・・・そんな日常の存在として、NPO法人ラフトはあり続けたいと思っています。

学生の頃、好奇心からアジアの一国タイの国立障害児施設で一か月程、多くの方にお世話になりながらボランティアをさせてもらったことが、障害者福祉に関わる仕事に就きたいと思ったきっかけでした。その施設では四百人以上の障害をもった幼児が入所していて、そのほとんどは障害を理由に家族と別れざるをえなかった子供達でした。そこには悲し過ぎる現実もたくさんありました。
タイ語も話せず何の経験も知識もなかったあの頃の私は、とてもかわいい子供達とただ遊ぶことくらいしかできませんでしたが、本当に楽しい毎日を過ごさせてもらいました。帰国後、自らの無力さばかりに気持ちは向きましたが、彼らとの出逢いの意味を考える中で、「今ここでできること」という思いに辿り着きました。あれからもうすぐ十三年。日々の出逢いと出来事を通して、悩みながらも紡がれていく思いがあります。その思いをこれからも少しずつ丁寧に形にしていけたらと思っています。

NPO法人ラフト

住所 船橋市海神5‐1‐12
電話番号 047‐431‐3451
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の福祉 リレーコラム39 少人数制体操クラブ くーおん ... 障がいがあっても安心して参加ができるスポーツや余暇活動を 未来を担うこどもたちへ ~こころとからだの元気プロジェクト~ わたしの社会人としての第一歩は、急性期の総合病院のリハビリスタッフでした。日々、励まし励まされのリハビリ生活。それは失われた機能を回復させるための時間でした。悪くはない...
船橋の福祉 リレーコラム36 社会福祉法人地蔵会 障害福祉サ... お客さんに喜んでもらうものをつくりつづける幸せな生き方 デパート販売をはじめたのは15年ほど前からで、最初は紙工芸品(タペストリー、屏風などを百パーセント楮(こうぞ)で漉いた紙工品)が中心だったが、その後利用者さんが増えつづけたため、木工品・機織もの品・刺し子作品・陶芸品等を作るようになっ...
船橋の福祉 リレーコラム35  社会福祉法人 大久保学園船橋... 仕事があるということ、働く環境があるということは本当に素晴らしいこと 「はたらくかたち」  船橋市光風みどり園は、昭和60年に船橋市によって、障害のある方たちが活発に仕事に取り組むことができるようにと設立された社会福祉施設です。現在は社会福祉法人大久保学園が運営にあたっており、主...
船橋の福祉 リレーコラム33  千葉県健康福祉部障害福祉課 ...         ~誰もが、ありのままに、その人らしく、地域で暮らすことができるように~   「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」 この条例をご存じでしょうか。この条例は5年前、日本で初めて千葉県で制定された条例です。制定...
船橋の福祉 リレーコラム25  ぐらすグループ/株式会社ふく... 「ワーカーズハウスぐらす」は、平成20年に設立した障がい福祉サービス事業所で、新京成薬園台駅前(滝台町)に本店があります。その後、ハンディを持つ働き者の仲間たちや地域の方々のご理解とご協力、そして頼もしいスタッフに支えられながら、第2作業所「るっこら」(二宮)、第3作業所「ろーざ」(八千代台南...
船橋の福祉 リレーコラム24  NPO法人みなと会 地域活動... スタッフ/加藤秀美さん 障害による生活のしづらさの問題を抱える仲間同士が集まり、支え合うアットホームな『家』 仲間同士が集まり、支えあう 『casaみなと』は障がいによる生活のしづらさの問題を抱える仲間同士が集まり、支えあい、暮らしやすくなるよう支援を提供する場です。生活のリズムを...
船橋の福祉 リレーコラム23  障がい福祉サービス事業所 ... 精神保健福祉士/高橋浩基さん それぞれの目標を持ってそれぞれの夢や希望実現の為に 『こんぽーる』とは、ポルトガル語で「創作する」という意味で、スタッフや利用者全員の投票で名前を決めました。カタカナで『コンポール』と書かれることがありますが、正式にはひらがなで『こんぽーる』です。...
船橋の福祉 ルポ  障害者通所授産施設 オーヴェル(就労継続... パンの移動販売『オーヴェル』 ふんわり柔らかな手作りパンの食感が大人気!! 市内の運動会や公民館、福祉センターなどの文化祭で『オーヴェル』を見たことはないだろうか。オーヴェルとは、パステルカラーに彩られたかわいらしい移動販売車で手作りパンの販売を行っている身体障害者通所授産施設...
船橋の福祉 リレーコラム21  障害者サービス事業所 たすけ... レスパイトサービスを考え、自ら活動する会 障がいを持つ人の日常生活のお手伝いをする 『たすけあい・サンガ』は、障がいのある子を持つ家族がボランティアの方々の協力を得て、みんなが必要とするレスパイトサービスを考え、自ら活動する会です。ひとりで遊びに出られない障がい児には、遊びの場...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ