2011年07月01日 配信

312_fukushi4.jpg

知的障害者が地域で生活してゆく上での
夢・願望・理想を実現(cometrue)する

NPO法人カム・トゥルーは
こうしてスタートした

「石陶房」は知的障害者の作業所として、十年前の平成十三年一月に誕生しました。活動を続けているうちに、地域社会で生活する知的障害者が安心してその人らしく暮らしていけるような支援体制・ネットワーク作りをこれまで以上に充実させたいと考え、平成十六年八月から「NPO法人カム・トゥルー」として新たにスタートしました。夢・願望・理想などを実現する(cometrue)。知的障害者やその家族が地域で生活していく上で「~できたら…」という願いに応えていきたい、という思いを込めて名付けました。

その後、地域住民の方々の理解と協力のもと、現在二軒のグループホームを運営しています。グループホームでは少人数の知的障害者が地域の中で生活していけるように、世話人さんの支援・援助を受けながら共同生活を送っています。

石陶房はこんなところ

石陶房は陶芸作業を専門とした知的障害者の作業所としてスタートしました。障害者が表現力、創造力などを十分に発揮し、障害者・健常者の別なく共に芸術面で社会で認められ、社会に溶け込んでいくことを目指して活動しています。そのため一般のアーティストの活動の場であるクラフトフェア・マーケットなどでの販売も行っています。

また、出張陶芸教室も開催しています。これは各種団体を対象に私達スタッフと障害者が共に出向き陶芸指導を行うものです。この活動を通じて障害を持つ方と一般の方が自然に触れ合い、また多くの方々に理解をしていただける場になればと考えております。教室では陶芸指導はスタッフが行い、障害者は粘土や道具を配ったり、作陶の手助けを行う等、アシスタントとして活動しています。それでも最近ではメンバーの技術が向上して、指導面でも活躍する場面が増えています。陶芸教室で「先生、教えて」と声をかけられ、自信を持った面持ちで指導をしている様子はほのぼのとした光景です。

みなさんも自在に変化する素材「粘土」に触れて形にする貴重な体験を企画してみませんか?希望者が十名以上と会場(公民館等)をご用意いただければ指導にまいります。出張陶芸指導のお問い合わせは、047(477)0554石陶房までお願いします。

その他、就労を目指した活動として、情報誌の広告折込・配布、受注作業等の下請け作業を行っていますが、作業の合間に流木作品の制作や裂き折りによるコースターや鍋敷き、布草履の制作等の創作活動を取り入れ、勤労意欲を高めています。

こうした活動をしていく上で、ボランティアの方々の存在は欠かせません。現在では作品作りや受注作業の補佐、月二回の水泳活動の補佐等ボランティアの方々にお手伝いただいています。その中で障害者の方も職員とはまた違った人間関係を経験することができています。

こうしたお互いに利点のある関係をもっと作れるように、私は今後とも各方面のご協力をいただきながら、障害者が安心してその人らしく活動できる事業を展開していきたいと考えています。

312_fukushi1.jpg

理事長・所長 石﨑達也さん

312_fukushi2.jpg312_fukushi3.jpg312_fukushi5.jpg

【NPO法人 カム・トゥルー】
石陶房(せきとうぼう)
(指定就労継続支援B型事業所)
船橋市前原東4-21-9-2F

☎047(477)0669

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
公益社団法人船橋地域福祉・介護・医療推進機構... 医師・介護士・市民の代表などで構成される公益法人 市民主導の福祉・介護・医療サービスを目指し、公益社団法人を設立 船橋地域福祉・介護・医療推進機構は、人口60万人を越える中核市『船橋市』に相応しい福祉・介護・医療の連携サービスの提供を目指し2010年に設立、今年4月には『公益社団法人』...
船橋の高齢化社会を考える/福祉×介護×医療の連携... 【取材協力】 船橋市習志野台 地域包括支援センター 所長 鈴木ひとみ さん 住所/船橋市習志野台2-71-10 TEL/047-462-0002 高齢者を支える地域の身近な総合相談窓口 船橋市習志野台地域包括支援センターは、医療法人成春会が船橋市から受託し、市内10カ所...
船橋の高齢化社会を考える 福祉×介護×医療の連携/高齢者の後... オレンジガーデンには4年前まで市の委託で、高齢者介護の相談受け入れ窓口として新高根・芝山地区の「在宅介護支援センター」が設置されていたが、同地区に地域包括支援センターが設置されることになり廃止となった。後継として「地域連携室」を立ち上げ、現在針生さんたちケアマネジャー3人で周辺地域に向け事業を展開し...
ほかにも船橋の10月はイベントがいっぱい!... 真夏の暑さから開放され、ホッとひと息できるこの時期、市内ではほかにもたくさんのイベントが!歩いて、 巡って、食べて、笑って、秋を五感で楽しんでみよう ツダヌマ~ル 10月2日(日)~10月4日(火) ※開催時間は各店により異なります ...
船橋の福祉 船橋ケアセンターそよ風 施設長 富田常寛さん... 要介護の理由を防ぐシニア用シェアハウスで健康寿命を延ばす! 「介護が必要になる理由」を予防 「まだまだ元気だが、将来を思うと不安になる」という心境は、独居や夫婦暮らしのシニア世代の多くが思い当たるのではないでしょうか?高齢者だけの世帯増加の背景には、配偶者や子どもがいない場合、子どもが...
船橋の福祉 リレーコラム 44 船橋ケアセンターそよ風 施設... 常に見守りの目がある高齢者向けシェアハウスで健康寿命を延ばす 高齢者だけの世帯はリスクが大 ご存じの通り、日本では平均寿命が延び続け、65歳以上の高齢者が加速度的に増加しています。核家族化も顕著で、総務省の統計では高齢者だけの世帯は全世帯の2割を超えています。その半数近くが単身世帯...
誰もが住みやすい街に! ふなばしの 福祉事情... バリアフリーでめぐる船橋シリーズ第1弾の今回は、車いすを使ってのおでかけ事情を調査。街がどれだけバリアフリー化されているのか。また、福祉保険を使って、どれだけ便利なアイテムを利用できるのかなど、徹底的に調べてみました! 知っておきたい ふなばしバリアフリー事情 現在、船橋市では、車いすを利用する...
もしも!の時に備えた 「安心登録カード」... ◆地域力で高齢者、障がい者、高齢世帯を守るために 船橋市独自の共助による有事における福祉ネットワーク「安心登録カード」の取り組みが各方面から注目を集めている。船橋市内で暮らす高齢者、老老介護世帯、障がい者など要援護者と呼ばれる市民を、災害時や緊急時に、地域の共助で救援、支援を行いやすくするため...
第71回 船橋市老人福祉施設協議会会長 永原丈士 氏... 船橋市内の特別養護老人ホーム、軽費・ケアハウス、養護老人ホーム などが加盟する船橋市老人福祉施設協議会とは 船橋市内の特別養護老人ホーム、軽費・ケアハウス、養護老人ホームなどが加盟する協議会。 実際にどのような活動を行っているのだろうか? 船橋市老人福祉施設協議会とはどのような組織ですか?...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ