2010年06月01日 配信

リハビリテーションで、ご自分らしい生活を!

fukushimatsumoto1.jpg介護老人保健施設フェルマータ船橋 支援相談員
松本 倫さん

 
 
 現在、わが国は超高齢社会を迎え、高齢者の人口は増加の一途を辿っております。加えて、総人口の減少や少子化といった様々な因子がある中で核家族化が進み、高齢者世帯、あるいは高齢者単独世帯が急増しています。高齢者が高齢者を介護しなくてはならない、いわゆる老老介護というのが大きな問題ともなっています。老後の最大の不安である「介護」を社会全体で支える仕組みとして、平成12年4月より介護保険制度がスタートし、今年で10年が経過をいたしました。
 
 
■介護保険の施設とは
 
 
 介護保険に係る主な施設として、介護老人福祉施設と介護老人保健施設があります。介護福祉施設とは特別養護老人ホームや特養とも言われ(船橋市内には現在16件)常時介護が必要な状態で、ご自宅での生活が困難である方が入所できる施設です。主に生活をする場としての役割があります。ご自宅での介護が難しいと考えられている方は非常に多く、施設不足も合わせて、その待機者数は膨大に膨らみ、全国におよそ42万人(平成21年12月現在)がいるとも言われています。
 
 
 もう一方の施設、介護老人保健施設は老健施設と言われています。(船橋市内には現在11件)お身体の状態が安定され、入院等治療を必要としない方々に対し、介護・看護・リハビリテーションといったケアを行ない、家庭への復帰を目指していく為の施設です。
 
 
 介護老人保健施設の役割は以下のとおりです。
 
 
①包括的ケアサービス施設
②リハビリテーション施設
③在宅復帰施設
④在宅生活支援施設
⑤地域に根ざした施設
 
 
 通常、入所期間は3ヶ月から長くても半年程度で、その間にリハビリテーションを行ない、家庭に帰る為の準備をしていきます。しかし、家庭へ帰ることが出来ない方々が、次の行き場をなくしていることで入所期間は長期化し、特養同様に待機者数が多いのが現状です。現在、老健施設は第2の特養とも呼ばれ、特養へ入所するまでのつなぎとして利用される方が多く、本来の役割を果たすことができていないことが問題ともなっています。
 
 
■フェルマータ船橋
 
 
 当施設は、平成10年7月に開設をした介護老人保険施設です。隣接する船橋整形外科の「医療法人社団 紺整会」が運営をしております。
 前述したように入所者されている方の長期化という問題を抱えながらも、現在は「在宅復帰・在宅支援」を施設のテーマとし、病院等からご家庭へ帰られる方や、ご家庭で生活をされている方に対して、介護や看護、リハビリテーションといったケアをしていくことに重きを置いています。また、今後は施設だけでなくご家庭においてもリハビリテーションを行なっていただこうと、訪問リハビリテーションも行なう準備を進めています。
 
 
■自己紹介
 
 
 自己紹介が遅れましたが、私は平成14年に紺整会へ入職し、それから福祉の道を歩むこととなりました。現在従事している支援相談員という仕事は、主には「利用されている方の相談を受ける」という役割ですが、例えると施設利用の際の「ガイド役」であり、また「施設の顔」とも言えます。利用されるご本人、ご家族から直接の希望をお伺いし、一人ひとりが、自分らしく生活をしていただく為、施設内での相談はもちろん、スムーズな家庭復帰へ向け福祉事業所や医療機関との連携も取っていきます。介護を直接するわけではありませんが、介護に関して不安を持っている本人や家族に対して、適切なアドバイスやお手伝いをすることで、その人の生活をより質の高いものに変えていくことのできる大変素晴らしい仕事です。そういった魅力が、この仕事を選んだきっかけでもありました。
 
 
■何かお困りのことがあれば
 
 
 介護に関するお問い合わせがございましたら、お気軽にフェルマータ船橋までご連絡をください。施設利用やその他介護保険等についても、支援相談員や介護支援専門員(ケアマネジャー)が対応させていただきます。


 

  

 

fukushimatsumoto2.jpg

 
 
【医療法人社団 紺整会】
介護保健施設フェルマータ船橋
TEL/047-425-5581

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の福祉 ルポ ふなばし福祉まつり 実行委員長/山﨑健太朗... 福祉、介護、医療業界における横の連携を築くために 船橋市内の福祉・介護・医療における各業界の枠を超えた連携を築こうと11月23日・24日の2日間でイオンモール船橋を会場にした「ふなばし福祉まつり」が開催される。 同イベントは、障害者団体が制作した作品や菓子・パンなど食品の頒布会...
船橋の福祉ルポ 高根台つどいの家... 高齢化のすすむ高根台団地に 新しい施設がオープン 高根台つどいの家    船橋市の中でも特に高齢化率の高いと言われている高根台団地。その団地の真ん中に小規模多ニーズ対応型住宅の高根台つどいの家が昨年6月に開設された。ここでは、元気で生活に支障のない方から24時間で見守り介護が必要な方まで...
板倉病院でリウマチ学会指導医等による講演会、「リウマチ・膠原... 9/20(水)板倉病院でリウマチ学会指導医等による講演会 リウマチ・膠原病について~最新治療から在宅まで~        板倉病院(梶原崇弘院長=船橋市本町2-10-1)で9月16日、船橋市内を中心に医療福祉介護のワンストッ...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 福祉の先進... ◆行田2丁目の体育センター跡地を活用 船橋市の人口は平成26年時点では62万2541人だが、15年後には65万人を超えると予測されている。 年齢階層別にみると未成年より65歳以上の老年人口が増加する見込みだ。急激な人口増加に伴い子どもから高齢 者まで全ての年齢に関係する福祉サービスについてさらな...
高齢者施設ここち東船橋で医療公開講座-毎日8000歩が健康寿... 2/17(火)高齢者施設ここち東船橋で医療公開講座を開催 毎日8000歩が健康寿命を延ばす秘訣      高齢者施設ここち東船橋(船橋市中野木1-6-1 TEL0120-17-1165)で2月15日、医療公開講座「寝たきりにならないための予防と対策」が開催...
イオンモール船橋で「ふなばし福祉まつり」-障がい・高齢・医療... 11/22(金)イオンモール船橋で「ふなばし福祉まつり」 障がい・高齢・医療の3業界から18団体          船橋市内で「福祉」分野で活躍する18団体が参加する「ふなばし福祉まつり」が11月23日・24日の2日間、イオンモール船橋(船...
突撃!2代目経営者 株式会社大嶋建設興業 代表取締役 大嶋茂... 年間二棟だけの特別な注文住宅。きめ細かいサービスが自慢!       船橋市市内に建てられた服部邸は、細部にわたって考えられた注文建築の住宅だ。建築したのは飯山満町の株式会社大嶋建設興業。現社長の大嶋茂幸氏は、最近先代の跡を継いで代表取締役に就任した。   総合建設業である大嶋建設興業では、公共工...
船橋の福祉 リレーコラム14  医療法人社団 輝生会 船橋市... 病気やけがで今後の生活が不安… そんな時、ソーシャルワーカーにご相談ください。 医療法人社団 輝生会 船橋市立リハビリテーション病院ソーシャルワーカー 江尻和貴さん    ■自己紹介   平成20年4月、船橋市立医療センターの向かいに船橋市立リハビリテーション病院が開院しました...
船橋の福祉 リレーコラム13  船橋市立医療センター 医療ソ... がん相談支援センターにご相談ください 船橋市立医療センター医療ソーシャルワーカー 平川寛幸さん      現在わが国では、毎年約62万人の方ががんにかかり、約34万人の方ががんで亡くなっています。これは増加傾向であり、家族・親戚にがんの患者さんが1人もいない人はほとんどいない、国民の2人に1人...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ