2010年04月01日 配信

がん相談支援センターにご相談ください

funabashinofukushi-1.jpg船橋市立医療センター
医療ソーシャルワーカー 平川寛幸さん

 

 

 現在わが国では、毎年約62万人の方ががんにかかり、約34万人の方ががんで亡くなっています。これは増加傾向であり、家族・親戚にがんの患者さんが1人もいない人はほとんどいない、国民の2人に1人が一生で一度は何らかのがんにかかり、国民の3人に1人はがんで死亡する状況となっています。このような状況に対し、厚生労働省ではわが国のがん対策として平成16年度から、全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるようにがん医療水準の均てん化を図ることを目標に据え、その実現に向けて、質の高いがん医療体制を確保するとともに、地域の医療機関との診療連携を推進し、患者等に対する相談支援機能についても強化するという観点から、がん診療連携拠点病院の整備を進めることとなりました。その結果、都道府県ごとに「都道府県がん診療連携拠点病院」、および2次医療圏におおむね1カ所の「地域がん診療連携拠点病院」の整備を行うこととなり、船橋市立医療センターは平成19年1月31日、厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。

 
■相談支援センターとは

 病気と向き合うことは、納得のいく医療を受けるための第一歩です。そのためには、自分の病気や治療方法について十分に理解することが大切です。特に、がんの治療・療養において情報は力となり、正しい情報を上手に集めることが重要となります。そのような時に、全国のがん診療連携拠点病院には、がんについていろいろ相談ができる「相談支援センター」が設置されています。がんのことやがんの治療について知りたい、今後の療養や生活のことが心配、医療費などがんの医療に関わる質問や相談にお答えしています。なお相談支援センターの業務は以下の通りです。

① がんの病態、標準的治療方法などがん診療に関する一般的な医療情報の提供

② 地域の医療機関や医療従事者に関する情報の紹介

③ セカンドオピニオンの提示が可能な医師の紹介

④ 患者さんの療養上の相談

⑤ 院内外の適切な対処ができる部門との連携

⑥ アスベストによる肺がん及び中皮腫に関する相談

⑦ その他相談支援に関すること

 
■船橋市立医療センターでは

 当センターは「がん相談支援センター」という名称で、患者さんやご家族のがんに関する不安や悩みに対して、専任の看護師と医療ソーシャルワーカーがお話をうかがい、問題や気持ちの整理をしながら、一緒に考え解決のお手伝いをしています。受付時間は月~金曜日の9時から16時で、相談方法は面談・電話の二通りとなります。対象者は、患者さん・ご家族・医療関係者・その他誰でも利用でき、当院にかかっていない方のご相談もお受けしています。なお、がんに関するさまざまな悩みや自分の体や生活のことなどを話すことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的な相談内容が外部に漏れてしまうことはありません。相談料もかかりませんので、安心してご相談ください。

 
■こんなときにご相談ください

 主な相談内容は、「がんの症状や治療などに関する情報を知りたい」「痛みや治療の副作用などの症状があってつらい」「がんに関する不安や悩みがある」「セカンドオピニオンを受けてみたい」「今後の療養先についてどうしたらいいか」「経済的なことが心配」「在宅療養でのサポートについて知りたい」などです。それ以外のことでも、がんに関することでしたら、どのようなことでもご相談ください。がん相談支援センターだけでお答えすることが難しい場合は、院内の各部門とも連携を取りながら対応します。

 つらい時、困った時、迷った時には、お一人で抱え込まずお気軽にご相談ください。またお知り合いの方など、がんに関することでお悩みの方がいらっしゃいましたら「がん相談支援センター」をご紹介いただければと思います。どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 funabashinofukushi-2.jpgfunabashinofukushi-3.jpg

【船橋市立医療センターがん相談支援センター】E館1階
TEL/047-438-3321

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の福祉 リレーコラム14  医療法人社団 輝生会 船橋市... 病気やけがで今後の生活が不安… そんな時、ソーシャルワーカーにご相談ください。 医療法人社団 輝生会 船橋市立リハビリテーション病院ソーシャルワーカー 江尻和貴さん    ■自己紹介   平成20年4月、船橋市立医療センターの向かいに船橋市立リハビリテーション病院が開院しました...
船橋の福祉 ルポ ふなばし福祉まつり 実行委員長/山﨑健太朗... 福祉、介護、医療業界における横の連携を築くために 船橋市内の福祉・介護・医療における各業界の枠を超えた連携を築こうと11月23日・24日の2日間でイオンモール船橋を会場にした「ふなばし福祉まつり」が開催される。 同イベントは、障害者団体が制作した作品や菓子・パンなど食品の頒布会...
船橋の福祉 リレーコラム15  介護老人保健施設フェルマータ... リハビリテーションで、ご自分らしい生活を! 介護老人保健施設フェルマータ船橋 支援相談員松本 倫さん    現在、わが国は超高齢社会を迎え、高齢者の人口は増加の一途を辿っております。加えて、総人口の減少や少子化といった様々な因子がある中で核家族化が進み、高齢者世帯、あるいは高齢者単独...
第16回 船橋市自治会連合協議会 会長 清水光明氏... 船橋市には822町会、24地区連がある。これらの連絡・調整・指導をはかるのが自治会連合協議会。自治会組織がしっかりしているといわれる船橋市。 自治会・町会ではどのような活動を行っているのだろうか? ――自治会連合協議会とはどのような組織なのですか?会長 船橋市の場合、昭和35年5月に地方自治法26...
第15回 船橋市医療センター 病院長 高橋善治氏... 船橋市唯一の公立総合病院である 船橋市医療センター 東葛南部地域の三次救急病院(救急救命センター)としての役割とはどのようなものなのだろうか!?   ――医療センターの役割とはどのようなもの?   病院長 医療センターには大きく分けて3つの役割があります...
障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携/「心不全...  高齢者に多い病気の一つとして挙げられるものに心不全がある。そして心不全は再入院する確率が約20パーセントと高いことでも知られている。そこで、心不全の予防はもちろん、心不全で入院した患者が再入院にならないことも目的のひとつとし、高齢者の自己管理に役立つものとしても開発したのが、稲垣先生・看護師チーム...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ