2016年01月01日 配信

65歳以上の4人に1人が認知症!?

厚生労働省の調査によると65歳以上の高齢者の内、認知症を発症している人は推計で15%、約462万人にのぼる。前段階である軽度認知障害も約400万人いるとされている。つまり65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症とその予備軍と言われているのだ。
認知症は、ほとんどの家庭で身近に発症してから慌てて対策をとる。しかし、高齢化は年々進行し認知症患者は増え続ける一方だ。初期段階では幻覚、幻聴などのほか進行すると記憶障害も現れる。新しい記憶から順に忘れていくため、ふとし た会話の中で「あなたどちらさまでしたっけ」と会話がかみ合なくなり症状が表に出てくるようになるのだ。

二つの成年後見制度法定後見制度と任意後見制度

症状が進行すると記憶に自信がなくなり犯罪などに巻き込まれるケースが増える。悪徳商法や詐欺などのターゲットになりやすいのだ。認知症のステージが進むと自分の財産を管理できなくなり、意思決定を他人に委ねないと日常生活もできなくなる。そうした時、「成年後見制度」が必要になる。認知症発症前の段階で自身が信頼する人に、認知症が始まった時に備えて代理人に代理権を与える契約を公正証書によって結んでおく「任意後見制度」と、認知症のステージが進行し判断能力が不十分になった時に家庭裁判所が最も適切だと思われる人を選任する「法廷後見制度」がある。後者の場合、申立人になれるのは本人、配偶者、四親等内の親族。身寄りのない高齢者などは市長が申立人になることもある。成年後見人になると、法律行為全てを代行する「代理権」と、契約などの法律行為を行う際に後見人の同意が必要になる「同意権」、後見人の同意がないままに行った法律行為を取り消すことのできる「取消権」を行使して認知症患者の支援をすることになる。
認知症や成年後見制度については行政や医療・介護事業者、弁護士や司法書士などの法律家が市内の各所でセミナーを開催している。患者の家族だけでなく周囲の人間も認知症に関する知識を深めることが地域の包括ケア醸成の根底にある。
取材協力 包括支援課 埜村社会福祉士

認知症・後見人の講演会情報

◆無料講演会「成年後見制度と遺言の作り方」

2月6日( 土) 13時〜14時30分/講師:濟木昭宏氏(弁護士)/定員200人/ 中央公民館( 船橋市本町2-2-5) / 問合せ: 包括支援課 TEL 047-436-2882

◆無料講演会「認知症を正しく知ろう!」

2月6日( 土) 15時〜16時30分/講師:児島和子氏(公益社団法人認知症の人と家族の会)/認知症の症状や基礎知識、認知症の人への接し方を学びます。受講者は認知症サポーターとしてオレンジリングをお渡しします/定員200人/中央公民館( 船橋市本町2-2-5)問合せ: 包括支援課 TEL 047-436-2882

◆福祉・介護・医療無料相談会・講演会「認知症について」

2月13日( 土) 講演会14時〜15時30分、無料相談会時30分〜17時/講演会「認知症について」/講師:安間芳秀先生/船橋市保健福祉センター( 船橋市北本町1-16-55)/ 問合せ: 公益社団法人船橋地域福祉・介護・推進機構 TEL 047-456-8040

201601_fukukaii.jpg

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 神経難病患... 市内で国の指定難病に認定されている患者は約4300人、その中でパーキンソン病などの神経難病患者は1000人ほどいるという。 神経難病患者を支える新たな取り組み 船橋市保健所では2年前から市内の主に神経難病患者の療養上の様々な課題を解決するため、神経内科医及び在宅診療に携わる医師に声をかけ意見...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 船橋市が学... 下総中山にある(医)ディーオーアイ土居内科医院(船橋市東中山1-18-10 TEL 047-334-2686)が平成28年8月、ショートステイ(短期入所生活介護)をメインに利用者と介護を担当する家族をサポートする施設「VillettaD.O.I.(ヴィレッタディーオーアイ)」(船橋市本中山2-2-4...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 船橋市が学... 今後介護が必要とさ れる75歳以上の人口急増が予測される中、市内の各介護事業所が抱える人材不足問題への対策として新たなイベントを開催する。 人材確保のために、学生へのアプローチ 今まで市内で行われていた合同就職説明会などは、民間事業者が主体で市は後援をするという立場。なかなか学生が集まらない...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 東日本大震... 去る4月5日、船橋 市役所で大規模災害が発生した際の避難所生活に配慮の必要な、高齢者や障がい者(以下、要配慮者)の避難支援を強化するため市内35の老人福祉施設と船橋市の間で「災害時における要配慮者の受入に関する協定」が結ばれた。 船橋市の福祉避難 所に障がい施設高齢者施設も加え、ますます充実 ...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 「住まい」... 船橋市の人口62万4千人のうち、65歳以上の人口は14万1千人で約22.6%。今後介 護が必要とされる75歳以上の人口の急増が予測される中、高齢者が住み慣れた街で暮らしていくための施策について話を伺った。 高齢者の生活実態と現在の問題 平成25年度の船橋市高齢者生活実態調査では、8割が自宅に...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 高齢化で増... 船橋市は2040年に高齢化率が34・4% に達し、およそ三人に一人が65歳以上の高齢 者になると予測している。2010年には19・5%だった同市の高齢化率は2020年までの10年間だけでも一気に10%近く高齢化が進む。急速に進む高齢化に伴い、認知症患者も増加する。認知症治療の現場について専門医に話を...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ ガン終末期... 船橋南部在宅療養研究会 第1回市民公開講座 船橋南部の医療圏で発足した「船橋南部在宅療養研究会」が研究会としては初開催の公開講座「緩和ケア病棟について」を千葉徳洲会病院地域連携室の看護師長・伊東理砂さんを講師に2月12日、船橋市勤労市民センターで開催した。ガン終末期の介護現場で登場する「緩和ケ...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 市職員全員... 市職員全員が認知症サポーター 船橋市は、全ての市職員を今期と来期の2年間で「認知症サポーター」にすることを発表した。常勤だけでなく非常勤職員まで全員を対象に受講させるのは全国的にも非常にレアなケースだという。 認知症サポーターとは、認知症を正しく理解し、 認知症の方や家族のよき理解者になる人材を...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 船橋市の新...  現在75歳以上の高齢者の約3割が介護認定を受けている。10年後さらに高齢化が進んだ時、同じ3割でも全体数が増えることで市民が受けられる医療や介護のサービス量が不足することが予想されている。住民主体の介護予防を推進する制度 平成27年度の介護保険法の改正により、船橋市は平成28年3月に介護予防・日常...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ