2015年11月01日 配信

在宅ケアには、病院、診療所(クリニック)、介護サービスという三者が密接なつながりを持ち、相互に連携をすることで、患者と家族をサポートする体制が構築されていることが重要だ。

がん患者の終末期 における在宅ケア

がん患者の在宅ケアでは、医師が患者の意思をヒアリングし、退院前にケアの骨組みを作っていく。患者や家族と面談をし、希望をもとにソーシャルワーカーやケアマネジャーが介護や医療サービスという地域資源を使いケアプランに肉付けをしていく。在宅でのケアを希望する場合には、それを支援するサービスのネットワークを有効に活用し希望に近づけていく。

在宅ケアの体制充 実 !? 心構えも大切

在宅ケアを希望した場合でも、家族が十分な覚悟を持っていない場合もある」と、話すのは薬園台で開業するケアマネジャーの宮﨑直樹さん。がんの末期を「在宅で看取る」という覚悟ができているかどうかが、最後の瞬 間まで患者とどう接し たのか、亡くなったあ との家族のメンタルに 大きく関わるという。 「たとえば、軽い気持ちで在宅ケアを受け入れたが、すぐにお手上げになり病院に投げてしまう場合と、ギリギリまで頑張って、『もうだ めだ!』となってから病院に託すのとでは、 亡くなったあと遺影を前にした時に気持ちが違います」と、話す。

船橋市南部の在宅 ネットワーク

船橋市南部では、船橋駅以南で唯一の病院である板倉病院では、診療所(クリニック)、介護サービスの連携による在宅ケアを支援する仕組みがうまく機能しているという。「自宅から通いたい」という意思を持っていても通院が困難な事例もある。 「いざという時は病院で引き受けます。試しに在宅にチャレンジしてみましょう」と、患者の意思を最大限に尊重してしっかりフォローできる体制が機能しているのだという。     (文・山﨑健太朗)

201511_fukukaii.jpg

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
働く女性の現場の声/医療法人弘仁会 板倉病院... 働く女性の現場の声 ◆【板倉病院勤務40代Aさん】 子育てがひと段落しいざ働こうかと考えても、40代で長いブランク、手に職もない私は、仕事が見つかるかとても不安でした。未経験歓迎の募集記事を見て、まずはパートタイムから始めてみました。今では正職員として採用が決まり、生活の基盤ができたことで...
板倉病院 梶原崇弘 院長 市南部12万人が対象の医療圏 船橋市南部、人口にして12万人を抱えるサブ医療圏には、現在ベッド55床の当院以外に入院施設を持った病院がありません。そこで、2025年にやってくる超高齢化社会を見据えて、2014年10月より91床の急性期病院としてリニューアルを図ることにしました。...
船橋の病院/板倉サテライトクリニック... 「ゆったり、じっくり」 個人の生活に寄り添ったサポートを            板倉サテライトクリニックは、今年2月9日にシャポー船橋南館5階に開業。昭和15年に開業した「医療法人弘仁会板倉病院」のサテライト機関になる。同クリ...
板倉病院でリウマチ学会指導医等による講演会、「リウマチ・膠原... 9/20(水)板倉病院でリウマチ学会指導医等による講演会 リウマチ・膠原病について~最新治療から在宅まで~        板倉病院(梶原崇弘院長=船橋市本町2-10-1)で9月16日、船橋市内を中心に医療福祉介護のワンストッ...
船橋の高齢化社会を考える/福祉×介護×医療の連携... 地域で支え合うまちづくりの取り組み急速に進行する高齢化社会にむけて、船橋市が考える「地域包括ケアシステム」の普及を目的とした講演会や出前講座がスタート。船橋市が目指す「地域でいつまでも元気にいきいきと安心して暮らせるまち」「地域包括ケアシステム」とは、高齢になっても元気に暮らし続けることができ、介護...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 神経難病患... 市内で国の指定難病に認定されている患者は約4300人、その中でパーキンソン病などの神経難病患者は1000人ほどいるという。 神経難病患者を支える新たな取り組み 船橋市保健所では2年前から市内の主に神経難病患者の療養上の様々な課題を解決するため、神経内科医及び在宅診療に携わる医師に声をかけ意見...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ