2015年04月01日 配信

sanpo_logo.jpg

201504_sanpo_main.jpg

201504_sanpo_01.jpg 201504_sanpo_02.jpg

第二十八歩:津田沼駅前

JR津田沼駅は習志野市と船橋市にまたがっているという話は知っている方は多いでしょう。これは明治28年に二宮村と津田沼町の境に駅を設置したことによります。両方で駅の位置について争ったという話は聞いていませんからその理由はわかりませんが、本来は船橋市になる可能性もあったかもしれません。延宝2年に前原新田が天野・上東野の両氏によって開かれたとき、幕府がその区域の南の部分を谷津村久久田村の入会に残せと指示しました。その結果、三十町の区域が入会地になり、その後両村に編入されました。津田沼駅周辺の小字名は「三十町野」で、この歴史を伝えています。
駅の開業後、昭和3年に駅前に両町村の境界を示す石柱がたてられました(写真①)。そのいわれは前原道入庵の地蔵背面に刻まれています(写真②)。昭和45年の駅前開発で、この石柱は薬園台の郷土資料館の庭に移転しました(写真③)。旧位置は島式バス停の西端ですが、歩道橋の北側の植込に境界標が埋め込まれています。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
第四十一歩:海松台 第四十一歩:海松台 新京成線・前原駅近くの「道入庵」(写真①)前の信号から向かいの道に入ります。少し行くと左側に「百庚申」(写真②)があります。その先の十字路を左へ曲がって間もなく、広々とした公園が見えてきます。入口脇に「海松台公園(」写真③)とあります。「海松台」とはなかなか面...
第四十歩:出口 四十歩:出口 北総線小室駅前の階段を下りて道路の向こう側、保育園の脇の道を入ったあたり(写真①)は「出口」という小字地名でした。まっすぐ小室公園の方へ行く道は昔の村境の土手の跡で、江戸時代、野馬が小室の村に入ってこないように高さ2メートルほどの土手が「西ノ谷津」(公園)まで続いていた...
第四十歩:海老ケ作 四十歩:海老ケ作 新京成高根公団駅前から北へ歩くとすぐ中央通りです。左へ曲がって信号を渡り、団地の「3号通」を行くと、団地の北側で十字路にきます。左右に通る道には大穴銀座商店街が続きますが、この道の下には木戸川が流れていて、この川はかつての大穴・高根の村境です。昔は小さな橋があり、土...
第三十九歩:東宮脇 三十九歩:東宮脇 船橋駅北口から医療 センター行のバスに乗り八栄小学校入口で降車、少し戻り、急な坂道を登ったまっすぐの道先に西夏見の鎮守日枝神社の鳥居(写真①)が見えます。この道の右側が 「東宮脇 」 、左側が 「西宮脇 」 です。東夏見と西夏見の境でもあります。少し行くと右側に「道路改...
第三十八歩:長洲 第三十八歩:長洲 JR西船橋駅前から国道14号線へ出て西へ行くと「勝間田公園」(写真①)があります。この公園は以前、江戸の文人に「勝間田の池」と呼ばれた「本郷の溜池」です。公園内には彫像や文学碑がありますが池であったことはわかりません。「溜池」は古作から流れてくる葛飾川の出口に作られ...
第三十七歩:東金道南 第三十七歩:東金道南 JR津田沼駅北口から駅前通を真っすぐ行くと、津田沼駅前十字路(写真①)で、そこに左右に延びる道が東金街道です。西から来る道の北側が「東金道北」、南側が「東金道南」です。市内の小字で「東金道」という地名を残すのはここだけです。「東金道」とは慶長19年(1614)に徳川...
第三十六歩:七ツ台 ★第三十六歩:七ツ台 国道二九六号沿いの「車検事務所前」でバスを下ります。南側はかっての「習志野原演習場」の名残をとどめ る景観ですが、北側は住宅地帯で、習志野台五・八丁目です。こちらに「七ツ台」と云う小地名がありました。地名「七ツ台」は昭和21年春、この地域に住むことになった開...
第三十五歩:松橋 第三十五歩:松橋 芝山団地の南、東葉高速線飯山満駅の北側(写真①)が「松橋」という小字です。芝山七丁目の「福祉の里オレンジガーデン」付近から、三丁目の調節池や芝山東小学校と駅前の道路まで、つまりこの辺りの飯山満川の谷を 指しています。では、 肝心の「松の橋」はどこにあったのでしょうか。オ...
第三十四歩:寺町 第34歩:寺町 船橋駅前十字路を南に下ってすぐ、左側にある大きなお寺が「十夜寺」で知られる浄土宗の西光山浄勝寺です(写真①)。明応五年(1496)の開創と伝えられ、市内最大の寺域を持ちます。境内を通って裏に出ると、旧参道脇に専修院、その先には最勝院があります。北側にあった光樹院とともに浄...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ