2013年10月01日 配信

201310_clinic01.jpg

安西院長

◆ストレスとタバコの関係

タバコを吸うと脳の神経細胞とニコチンが結合し快感を感じさせる「ドーパミン」を放出します。「ドーパミン」には、心を落ち着かせる効果がある為「タバコを吸うと落ち着く」または、「集中できる」という満足感を得る事ができます。しかし、ニコチン切れ症状が現れるとイライラするようになります。その為タバコを吸ってこれを鎮めようとします。ニコチンが切れる↓イライラする(ストレス) ↓タバコを吸って解消、というサイ クルを繰り返すうちにタバコ中毒をおこします。
経済面でも切実です。一日一箱300円の計算で20年間タバコを吸い続けると219万 円が煙となってきえてしまいます。

◆ご存知ですか?
治る認知症と治らない認知症

認知症には治るものと治らないものがります。
前者は、甲状腺機能低下症、ビタミンB1・ビタミンB12欠乏症、硬膜下血腫が原因の治る認知症です。
後者はほとんどアルツハイマー型認知症です。これは、脳の神経細胞が徐々に消失し萎縮します。その為、少し前の記憶を忘れてしまい(近時記憶障害)ヒントを与えても思い出せないのが特徴です。治療は完治できませんが、進行を遅らせます。治療が早いほど良い状態を長く維持できます。「普段の物忘れとどこか違う」と感じたら早めに受診しましょう。

201310_clinic02.jpg

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 認知症患者... この人に聞きました! 【医療法人同和会 千葉病院】小松尚也院長 ◆認知症疾患医療センターの役割とは 医療法人同和会千葉病院は千葉県の認可を受け、東葛南部圏域における認知症疾患医療センターを平成26年10月に設置した。東葛南部では他に八千代市の病院が認可を受けており、船橋市では千葉病院が初めてと...
船橋の高齢化社会を考える/福祉×介護×医療の連携... 認知症による徘徊を守るネットワーク 船橋市内の認知症高齢者は、現在把握している限りでも約1万4000人。全国的にも今後その数は増える見込みで、中でも認知症により外出先から自宅への帰り道がわからなくなるなどで徘徊してしまうケースが増えているという。 運よく周りで徘徊者を保護することができた場合はよ...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 神経難病患... 市内で国の指定難病に認定されている患者は約4300人、その中でパーキンソン病などの神経難病患者は1000人ほどいるという。 神経難病患者を支える新たな取り組み 船橋市保健所では2年前から市内の主に神経難病患者の療養上の様々な課題を解決するため、神経内科医及び在宅診療に携わる医師に声をかけ意見...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 船橋市が学... 下総中山にある(医)ディーオーアイ土居内科医院(船橋市東中山1-18-10 TEL 047-334-2686)が平成28年8月、ショートステイ(短期入所生活介護)をメインに利用者と介護を担当する家族をサポートする施設「VillettaD.O.I.(ヴィレッタディーオーアイ)」(船橋市本中山2-2-4...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 船橋市が学... 今後介護が必要とさ れる75歳以上の人口急増が予測される中、市内の各介護事業所が抱える人材不足問題への対策として新たなイベントを開催する。 人材確保のために、学生へのアプローチ 今まで市内で行われていた合同就職説明会などは、民間事業者が主体で市は後援をするという立場。なかなか学生が集まらない...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 東日本大震... 去る4月5日、船橋 市役所で大規模災害が発生した際の避難所生活に配慮の必要な、高齢者や障がい者(以下、要配慮者)の避難支援を強化するため市内35の老人福祉施設と船橋市の間で「災害時における要配慮者の受入に関する協定」が結ばれた。 船橋市の福祉避難 所に障がい施設高齢者施設も加え、ますます充実 ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ