2019年02月18日 配信

 

  昭和52年生まれの私は、平成30年が本厄でした、平成31年を迎えるときに厄年が終わると安心していましたが、調べてみると、節分までが本厄で、その後に後厄となるそうなので、まさに2月号出るころに本厄が終わります。今年は後厄ですが、自分の人生にも色々と動きがある一年間になると予感しています。そのため、今年は身体を大切にして、健康に気をつけていきたいと思っています。今月号は、12月・1月と取材にご協力して下さった青山病院さんからのお知らせとなります。
 
青山病院の地域連携室が担う役割
地域に更に必要とされる病院へ

 初めまして。こんにちは。医療法人社団慈心会 青山病院です。
 当院は昭和54年6月1日に開設し来年40周年を迎えます。当初、外科・内科・整形外科を中心とする救急受け入れ有床診療所(19床)としてスタートしましたが、増加する救急医療に対応するため翌年に57床に増床しました。現在、二次救急医療機関ネットワーク病院としても船橋市救急医療の一端を担っています。

 地域の急性期病院として、「全ての病める人々に良質で満足度の高い医療を行い、信頼のおける病院を目指します。」を基本理念に、患者様の診療を行っております。患者様は若い方から高齢者まで幅広く、開院当初より当院をご利用していただいている患者様も多く、「何かあれば青山病院へ」というお考えで受診してくださる方もおられ、大変責務を強く感じております。

 高齢な患者様についても、在宅でできるだけ安心して生活が送れるように疾患の予防から治癒までお手伝いしていくことも重要な役割になってきていることもあり、患者様の事を第一に考え平成30年10月より「地域連携室」を立ち上げました。立ち上げまでも在宅医療、地域との結びつきは大切にしておりましたが実際に地域連携室を立ち上げ、専門スタッフを配置することで、患者様やご家族、地域包括、ケアマネジャーなどが様々な事について相談し、最も適した医療、介護を提供できるようになりました。ご入院時には地域連携スタッフが専用の様式でおひとりおひとりに院内用の連携シートを作成しております。ご家族の背景を頭に置き、患者様のADLの低下などがあった場合にはケアマネジャーと連携をし、介護保険の見直しや生活環境の改善など患者様が在宅や施設に帰られた時にできるだけ困らないようにご相談させて頂いております。ご入院中から何度も面接を行い、ご退院後に不便が生じる状態は医師や看護師と相談し無くしていくことも重要な役割であると考えております。

 これまでも地域の先生方との連携は医師同士が直接対応しておりましたが、患者様が安心して生活できるよう医師同士だけでなく事務サイドからもサポート出来るよう院内での他部署との連携も欠かさず行い、院内連携の推進部署としての役割も出来たらと考えております。また、地域の方々との連携も、より一層必要と感じており、医療の面から地域の安全・安心を支えていきたいと考えております。「何かあれば、青山病院に行けば安心ね。」と信頼して頂けるよう、努めていきたいと考えております。

 地域医療の発展、市民の皆様の健康に寄与できますよう地域に根ざした医療を提供できる病院を目指していきたいと思っております。皆様のご指導・ご鞭撻を頂戴して青山病院らしい「地域連携室」にしていければと思っております。今後とも青山病院をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
福祉・介護・医療の連携/全世代で連携できる見守り合いシステム... 障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携 全世代で連携できる見守り合いシステム 誰もが参加できる「みまもりあい」プロジェクト  一緒に生活している高齢者や幼い子ども、ペットの姿が見えなくなったとき、焦って近辺を探し回った経験のある人は多いのではないだろうか。特に認知症高齢者が行方不明...
船橋を語ろう!千葉県看護協会船橋地区部会 会長 佐々木 悦子...     千葉県看護協会船橋地区部会 会長 佐々木 悦子 氏 千葉県看護協会船橋地区部会について、どのような組織で、 どのような活動をされているのかを、会長の佐々木悦子さんに伺った。 看護協会船橋地区部会の構成メンバーや役割について教えてくだ...
福祉・介護・医療の連携/脳や運動機能のチェクができる教室を... 障害と高齢の福祉を考える    セコメディック病院は、豊富・坪井地区や新高根・芝山、高根台の地域包括支援センターと連携を図りながら、2016年から「セコメいきいき健幸作り教室」を開催している。  これまで年4回、「歩行年齢」「筋力測定」などの「運動機能の...
障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携/「心不全...  高齢者に多い病気の一つとして挙げられるものに心不全がある。そして心不全は再入院する確率が約20パーセントと高いことでも知られている。そこで、心不全の予防はもちろん、心不全で入院した患者が再入院にならないことも目的のひとつとし、高齢者の自己管理に役立つものとしても開発したのが、稲垣先生・看護師チーム...
インタビュー/船橋ゆかりのキャラクター マスクドWIN(ウィ...   介護予防戦士 マスクドWIN(ウィン)     要介護者を減らして日本を元気に  船橋の金杉台で生まれた介護予防戦士「マスクドWIN」は、認知症をサポートする「オレンジリング」や「オレンジカフェ」のイメージカラーでもあるオレンジ色のマスク...
船橋市内のオレンジカフェ(2019/3/20~2019/4/... 認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪   ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ