2018年11月03日 配信

 

☝どのコース料理でもステーキ料理を提供。船橋産のホンビノスは酒蒸しで
 
創業43年の日本料理店
4年前からは宅配の弁当も

 京成船橋駅からすぐ近く、線路沿いのビルにある「新日本料理 伸幸」。1985年に現オーナー石毛利幸さんの父・武男さんが創業してから43年を迎える。当初はウナギや鯉などの川魚のほか、鴨鍋などをメインとした純日本料理店だった。現在は、懐石料理や鍋、接待向けやお祝い・法事用のコースなど、店内ではコース料理のみを提供。素材は地産地消を意識し、秋はホンビノス貝の酒蒸しも登場する。最近ではコースに洋風アレンジしたものも取り入れ、「今、ステーキはどこでも人気なので、懐石コースにステーキ料理は必ず入れています」と石毛さん。
 席は個室のみを用意し、掘りごたつ席、椅子席の2タイプ。間仕切りを変えれば、最大50人での個室利用も可能。特に接待など、ビジネス関係での利用が多いというが、「4年前から始めた宅配弁当も好調」という。懐石風の幕の内弁当(1620円)のほか、会議弁当には「国産牛すきやき弁当」(2484円)、「お値打ちお好み弁当」(864円)などがある。県内各所をはじめ、茨城県、都内からも注文があり、「船橋市内なら、5000円以上の注文であれば無料でお届けしますよ」とも。いつでも時代のニーズに合わせられるよう、料理長やスタッフとともにアイデアを練っているという。

 

 

 

 

 

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋市内の子ども食堂                                     &nbs...
船橋・まちの味自慢 / RUDDER COFFEE(ラダーコ... 1杯のコーヒーで 笑顔があふれる街を目指して               上)左から、カフェラテ(500円)、カフェ・シェケラート(600円)、エスプレッソトニック(600円)、自家製コーヒーゼリー×...
特集/船橋を走る 移動販売車...   最近では全国でフェス系イベントが増えていることもあり、移動販売車の出店ニーズが高まっている。客との距離が近く、販売側もコミュニケーションも楽しみながら販売できるなど、いろいろなメリットがあるという。 市内にはどんな移動販売車が走っているか、みてみよう! ...
今月のピックアップ①×食べる... 人々の足を毎日ふなっこ畑へ誘う 手作りジェラートと温かいスープ                 ふなっこ畑のジェラートコーナーでは、JAちば東葛野田地区酪農部会の生乳を使い、船橋ブランドの小松菜や...
福祉・介護・医療の連携/脳や運動機能のチェクができる教室を... 障害と高齢の福祉を考える    セコメディック病院は、豊富・坪井地区や新高根・芝山、高根台の地域包括支援センターと連携を図りながら、2016年から「セコメいきいき健幸作り教室」を開催している。  これまで年4回、「歩行年齢」「筋力測定」などの「運動機能の...
船橋市場なう!/石川水産... 一般客も気軽に買えるマグロ専門店を目指して マグロを取り扱う仲卸「石川水産」は、代表の石川美祐さんが3代目。現在の山口横丁が終戦後、露店が立ち並ぶ通りだった時代に、石川さんの祖父がその場所でマグロの販売を始めた。その後、船橋駅南口にあった民営魚市場に移転し、昭和47年から現在の船橋市場で営業してい...
【サニふな】小松菜ハイボールを飲みません会? 開催(^^♪... 土曜チーム練習会後に 『小松菜ハイボールをのみません会?』を開催 笑部 ぶちょー テナーえーちゃんと テナーなみへい の声掛けで実現しました 小松菜は サニふな活動拠点 船橋の特産品 西船橋の農家の人たちと飲食店が協力して、地元の農作物を使って西船橋を盛り上げていこうという話から始ま...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ