2018年03月22日 配信

社会福祉法人日の出福祉会の理事長も務める、ゆいまーる保育園の
小山良磨園長に、同園の特徴と待機児童について話を伺った。

 

 

 

 

 

 

 

ゆいまーる保育園はどんな保育園ですか

 新船橋駅から徒歩5分のところにあるゆいまーる保育園は、新船橋駅前の開発に伴い保育園ニーズが高まり、平成26年に開園しました。私の祖父母が沖縄出身であることから、園の名前は沖縄の方言で相互扶助の意味をもつ「ゆいまーる」と名付けました。

お互いに仲良く支え合い、力を合わせて協力する「和」の心を大切に、「心のいい子」を育む保育を行っています。年間を通して保護者も一緒に参加できる行事や、給食は特に主食であるお米にこだわり、子どもたちの健康を第一に考えています。

実際の現場から見た
待機児童について、教えてください

 市内の保育園は増えつつあり、私たち日の出福祉会も7つの保育園を運営しています。しかし、4月からの入園希望者は特に1歳児クラスで定員を大幅に上回り、まだまだ足りていないのでは? と感じているところです。

数年前までは0歳児クラスの希望者が多かったですが、育児休暇を最長2歳まで取得できる企業が増えたせいか、最近では1歳児クラス希望者が多い状況です。保育園が増え、定員を増やしても、保育士の確保が難しいのが大きな課題だと思います。そのような中でも、私たちの園ではより良い保育のために、保育士は積極的に研修会に参加しています。

未来予想図を教えてください

 私どもは最大21時まで預かることができ、就労支援の意味では貢献できているかと思います。長時間預かるので、第2の家庭という気持ちで保育をしていますが、子どもにとっては家庭が一番です。あくまでも私たちは手伝うことしかできないので、家庭での過ごし方を大切にしてほしいと保護者には伝えています。また、未来を担う子どもたちは、今以上に国際化が進む時代に生きることになります。

 まずは自分の育った町や国を知ることが大事です。そのため、英語が話せるようにではなく異文化を感じてもらうために英会話の時間を設けています。今後は沖縄の伝統舞踊「エイサー」を総合教育の一環として取り入れ、和の心を大事にしながら、世界でも活躍できるような大人に育ってほしいと思っています。

園長 小山良磨さん

 

社会福祉法人日の出福祉会 ゆいまーる保育園
[住所]船橋市北本町1-12-8
[電話]047-424-7711
[園児数]140人
[登園時刻]7:30~21:00(土曜~19:00)

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
インタビュー!ふなばし子ども未来予想図No.17/NPOまえ... NPOまえはら子育てネットワーク 認定こども園おひさま             地域と共に50年の歴史を持つまえはら子育てネットワーク。同ネット ワークが運営する認定こども園おひさまの友國園長に話を伺った。 認定こ...
ふなばしの習い事/ホサナ園 こども教室... インターネット検索にヒットしない、20年以上続く幼児教室                「ホサナ園こども教室」は、海神町の住宅街の一角にあった幼稚園「ホサナ園」で約20年の間、ママたちの口コミだけで継続運営して...
働くママとこれから職場復帰を考えるママの情報交流会-船橋ワー... 4/16(月)船橋ワーキングマザーの会 船橋市でのリアルなふれあいを大切にする ワーキングマザーのコミュニティ        船橋市内とその近隣に住むワーキングマザーの情報交換会が14日、おやこカフェ「グリーンチューリップ」(船橋市北本町1-4-4...
ただいま活動中!/ニコ∞mama... ニコ∞mama               ママの笑顔を無限大に 子育て世代のママサークル  船橋市内を中心に活動する、子育て世代のママ起業家たちが運営する「ニコ∞ mama」。同団体は、ワークショップなど...
インタビュー!ふなばし子ども未来予想図No.16/学校法人健... 学校法人健伸学院 健伸幼稚園             地域全体の子育て支援に力を注ぐ健伸幼稚園の柴田衣子園長に、 園の特徴と取り組みについて伺った 健伸幼稚園について教えて下さい  昭和49年に農地を幼稚園にし、地元...
今月のピックアップ/船橋市内の子ども食堂... ■こども食堂とは 地域の人たちがボランティアで集まり、人と人を結びつける多世代交流の場ともなっている無料または低額の食堂。 みんなが見守ってくれているから、こどもが1人でも安心して行けるんだ。お腹が空いたとき、みんなでごはんが食べたいときには子ども食堂に行ってみよう! ...
ただいま活動中/やかまし村文庫... 本の貸し出しを始めて20年 功績認められ本百冊贈呈される          1997(平成9)年に自宅の約8畳の屋根裏部屋で、近所の子どもを対象に始め た「やかまし村文庫」。個人で行っている、本の貸し出しボランティアだ。  スウェーデンの「や...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ