2016年06月17日 配信

6/17(金)西船橋で「第12回ニコふな祭」

東日本大震災のチャリティを継続して

160618nikofuna.jpg  
   

西船橋駅から徒歩5分ほど、国道14号線沿いの勝間田公園(船橋市西船5-2)で6月19日、「第12回ニコふな祭」が開かれる。

 

同祭りは西船橋の「のぶ美容室」(西船2-12-6)のスタッフの発案で、東日本大震災にむけたチャリティーイベントとして2011年6月に始まった。年3回開催していた年もあったが、近年は6月と11月の年2回行っている。現在熊本地震への寄付も検討している。

 

例年通り和太鼓グループ「華太鼓」の演奏のオープニングに始まり、ニコふな戦隊ニコレンジャーや千葉県のキャラクターチーバくんも登場。各種ゲームコーナーをはじめ、模擬店、窯焼きピザコンパーレコマーレのキッチンカーも出店する。当日の会場には、東日本大震災への寄付の募金箱も設置する。

 

今回初めてスターツCAMの起震車も登場。過去の大地震を再現し、その揺れや免震構造の建物での揺れも体験できる。

「『地域のつながりを大切に!をモットーにニコニコ西船』をキャッチフレーズにしてやっています」と「ニコふな」代表の田島愛さん。

 

開催時間は10時30分~15時30分。雨天時も気象庁から注意報が出ていない限り開催。問い合わせはニコふな祭実行委員会(TEL 080-5454-2486)まで。

160618nikofuna-kako.jpg
 過去のイベントの様子  
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ