2016年05月25日 配信

5/25(水)ふなばしセレクション認証「キャタピラン」海外進出

来年1月から販売予定

twins01.jpg  
一般向け  

 家電を中心とする開発型ファブレスメーカーのツインズ(船橋市金杉7-1-9、TEL 047-449-8380)が、ふなばしセレクション認証品でもある結ばない靴ひも「キャタピラン」を来年1月から海外で販売すると発表した。

 同社がキャタピランを開発し、販売を始めたのは2013年3月。販売本数は年々増加し、全国のスポーツ用品量販店や百貨店などで販売している。
 
 同商品は、ナイロンとゴムを製紐機で編み込んだもので、ゴムひものような伸縮性と締め具合を調整・固定できるコブ状のふくらみが特徴。コブが紐穴で止まるため結ぶ必要がなく、簡単に脱ぎ履きができ、足の負担も軽減できる。

 「海外の展示会などで、毎回かなりいい感触なので自信はあります」と梶原隆司社長。現在は中国で生産しているが、今後は国内に生産拠点を設けて日本製をアピールできるようにする。「特に東南アジアではMade in JAPANが人気なので期待しています」とも。価格は国内と同程度の価格設定にする予定。

 同商品は子ども・女性向けの50センチメートルと一般向けの75センチメートルの2種類、各16色を用意。その他、ビジネスシューズ、ゴルフ、アスリート向けを用意。

 ゴルフ向けは、ゴムの強度を上げるとともに長時間プレーした後の足のむくみにも対応でき疲れにくい仕様。アスリート向けは、ゴムの強度を2倍にしコブの間隔を狭くすることで微調整が可能でより激しい運動に対応できる。今月からはキャタピランを搭載したワークスニーカー「キャタピーワークススニーカー」(5,980円~6,980円)の販売を始めている。

twins02.jpg twins03.jpg
アスリート向け ゴルフ
twins04.jpg  
キャタピーワークススニーカー  
 
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ