2016年05月06日 配信

5/6(金)高根公団駅近くにカラオケ居酒屋「CLAP」

高根公園駅から芝山への抜け道に夜の社交場

IMG_8654CLAP.jpg IMG_8650CLAP.jpg
   

 新京成線高根公団駅近くの抜け道にカラオケ居酒屋「CLAP」(船橋市高根台7-18-2 TEL047-464-7510)が4月21日、オープンし近隣のカラオケ好きな女性や会社帰りの男性客、地域活動に精を出すシルバー世代など幅広い層が集う新しい社交場として話題を呼んでいる。

 同店は、船橋を中心に近隣市でも福祉作業所などを経営するぐらすグループが経営する飲食2号店。1号店の居酒屋「みんと」(習志野台1-6-7 TEL047-461-8868)でスタッフとして活躍していた宍倉留美子さんが店長として切り盛りする。

 1号店は、カラオケの音響機材などに力を入れ「昼カラ」なども多くの客が利用する店舗。夜もカラオケ目当ての客が多い店だったが、2号店はカラオケ機材よりも料理に力を入れる。「子育てをしてきた主婦の段取り力と家庭の味で勝負します」と、宍倉さん。10坪の店内はカウンター8席、テーブル9席だが、最大で25席までは用意可能。

 2階に4.5畳と6畳の和室がある「将来的には子育ての家庭や、子どもが小さいお母さんたちのサークルでの貸切などで活用したい」と、自身の子育て経験に照らし合わせて展開を模索する。

 約100種類程度揃えるフードメニューは、ほぼ全て宍倉さんの手作り。乾き物から揚げ物、焼き物、刺身、サラダ、ご飯メニューまで用意する。そのほか、その日の仕入れに合わせて刺身の盛り合わせ、旬な野菜を使った串カツなどのおすすめメニューも。ちなみにカラオケは、1曲100円。

 ドリンクは、「お客さんの要望に合わせて種類を増やしています」と、日本酒、ウイスキー、ワイン、簡単なカクテルまでそろえる。生ビールは、アサヒのスーパードライを提供している。

 仕入れは、高根公団駅近辺や北習志野駅近くの魚次など地元スーパーを活用。「その内、店の仕込みに余裕が出てきたら市場にも仕入れに行ってみたいんですよね」と笑顔を見せる。

 同店周辺には、先日高齢者施設の1階に「クラーチカフェ」がオープン。ランチタイムやディナー、BARタイムなども間もなく営業する予定だという。また、同店隣の洋食店「フラミンゴ」跡地も開店準備を進めている様子だ。

 「居酒屋は1軒だけだと流行らないけど、複数のお店が近くにできると相乗効果がある。協力し合って地域を盛り上げていきたい」と宍倉さん。「狭い店だけどその分カラオケを通じてお客さん同士が仲良くなったりできると思う。そんな雰囲気のあるお店にしたい」とも。

 営業時間は、17時~24時。水曜日定休。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ